Java版1.15 スナップショット『19w39a』一部アイテムの仕様を変更 他

今回はマインクラフト公式から配信されたVer1.15用スナップショット(19w39a)の紹介をしていきたいと思います。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)

スナップショット19w39aの内容

19w39aでは、一部アイテムの仕様が変更された他、たくさんのバグが修正されています。

細かい仕様変更・追加要素あり

バグの修正は省略します。

レールの仕様を一部変更

周囲にレールがないと南北方向に向かって設置されていたレールが、常にプレイヤーが見ている方向に設置されるようになりました。

鉄のドアの仕様を一部変更

手で壊してもアイテム化されていた鉄のドアが、ツルハシで壊したときのみアイテム化するように19w39aで変更されました。

スイカ・カボチャの仕様を一部変更

スイカ・カボチャが付いた茎を壊すと種をドロップするようになりました。

インベントリ内のブロックの影の位置を変更

インベントリ内のブロックに表示される影が、右側面から左側面に変更されました。

新しいコマンドを追加

NBTストレージ用のNBTコンポーネントのバリエーションとして
{“nbt”:<path>,”storage”:”<resource id>”}が追加されました。

テクスチャに関する仕様変更

●すべてのチェストのテクスチャマップが変更されました。

●旗の模様は、輝度の代わりにアルファチャンネルを使用するようになりました。

●エンダードラゴンは翼の底部に個別のテクスチャを持たなくなりました。

●インベントリ内のエンチャント付きのアイテムの輝き方が変更されました。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)
レタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク