マインクラフト Java版1.16プレリリース1配信

今回はマインクラフト公式から『1.16』に向けて配信された1.16プレリリース1の紹介をしていきたいと思います。

バグの修正は一部省略します。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)

1.16プレリリース1の内容

1.16プレリリース1ではビデオ設定のグラフィックスに新しいオプションが追加された他、既存要素が複数変更されています。

ネザー金鉱石の色が地図に反映されるように

ネザー金鉱石の色が地図に反映されるようになりました。

クリエイティブモードで水入りバケツが入手できるように

クリエイティブモード空のバケツを水源に使用すると水入りバケツが入手できるようになりました。

ただし、水入りバケツがすでにインベントリにある場合は入手できません。

クリエイティブモードで牛の搾乳ができるように

クリエイティブモードで牛の搾乳ができるようになりました。

クリエイティブモードでムーシュルームの搾乳ができるように

クリエイティブモードでムーシュルームの搾乳ができるようになりました。

また、クリエイティブモードでムーシュルームからキノコシチュー怪しげなシチューが採取できるようになりました。

ストライダーの仕様を一部変更

ストライダーは水入りスプラッシュ瓶水入り残留瓶でダメージを受けるようになりました。

魔女の仕様を一部変更

取引の有無に関わらず、雷で村人から変身した魔女はデスポーンしなくなりました。

ゾンビピグリンの仕様を一部変更

ゾンビピグリンは敵対していたモブが死んだ後にプレイヤーを攻撃しなくなりました。

また、敵対しているプレイヤーが近くで死んだ場合に“敵対モード”が解除されるようになりました。

進捗に関する仕様を一部変更

進捗『真面目な献身』のファイル名がobtain_netherite_hoe.jsonに変更されました。

そのため、進捗『真面目な献身』の進捗状況は、バージョンが1.16にアップグレードされた際に保持されません。

進捗『2匹ずつ』の達成にロバラバが必要になりました。

進捗『ホットな観光地』を達成すると500経験値獲得できるようになりました。

進捗『残骸で私を覆って』を達成すると100経験値獲得できるようになりました。

進捗『泣く黒曜石を手に入れる』の英名が“Who Is Cutting Onions?”から“Who is Cutting Onions?”に変更されました。

原木や木に関する英語字幕を一部変更

原木樹皮を剥いだ原木にする際の英語字幕が“Debarking log”から“Axe scrapes”に変更されました。

新しいコマンドを2つ追加

コマンド/gamerule forgiveDeadPlayersが新しく追加されました。

中立的モブは、敵対しているプレイヤーが近くで死んだ際に敵対状態を解除します。

デフォルトはture(有効)です。

コマンド/gamerule universalAngerが新しく追加されました。

中立的モブが、敵対しているプレイヤーだけでなく、近くにいるプレイヤーも攻撃するようになります。

forgiveDeadPlayersが無効になっている場合に最適です。

デフォルトはfalse(無効)です。

コマンド/locatebiomeに関する変更

無効なバイオーム、または有効なバイオームが見つからなかった場合のエラーメッセージのバイオームIDを引用符(“)で囲むようになりました。

無効なバイオームのエラーメッセージがThere is no biome named <biome ID>からThere is no biome with type “biome ID”に変更されました。

鍛冶レシピを追加

鍛冶のレシピタイプが新しく追加されました。

このタイプのレシピは、タグを維持したまま1つのアイテムタイプを別のタイプにアップグレードするために鍛冶台で使用されます。

base-アップグレードするアイテムを指定する要素。

additional-アップグレードのトリガーとなる有効なアイテムを指定する要素。

result-アップグレードされたアイテムの結果のタイプを指定。

ビデオ設定のグラフィックスに新しいオプションを追加

ビデオ設定のグラフィックス「fabulous!」が新しく追加されました。

いくつかの透明要素にピクセル単位のブレンドレイヤーを使用します。

また、20w22aの透明および半透明要素に対する修正の多くはパフォーマンスが改善され、このグラフィックス設定の後ろにロックされるようになりました。

データパックに関する追加要素

データパックで「ディメンション」「ディメンションタイプ」を追加・変更できるようになりました。

鍛冶のレシピをデータパックで追加・変更できるようになりました。

ワールド新規作成画面に『データパック』ボタンが追加されました。

プレイヤーがワールドで有効にするデータパックを選択できるようになりました。

ドラッグ&ドロップにも対応しています。

データパックに関する変更

ゲームは、ワールドの読み込みを妨げるタグの欠落など、重要なデータパックの問題を検出するようになりました。

いくつかの動作に手のアニメーションを追加

ボートに乗る際に手のアニメーションが再生されるようなりました。

子どものストライダーに歪んだキノコを与える際に手のアニメーションが再生されるようなりました。

ヒツジの毛刈りをする際に手のアニメーションが再生されるようなりました。

茶色のムーシュルームに花を与える際に手のアニメーションが再生されるようなりました。

モブの子どもをスポーンさせるために、スポーンエッグを手に持ってモブの上半身を右クリックする際に手のアニメーションが再生されるようなりました。

いくつかの動作で手のアニメーションを削除

スポーンエッグを手に持って、モブを介してブロックを右クリックした際に再生される手のアニメーションが削除されました。

ヒツジと同じ色の羊毛でヒツジを右クリックした際に再生される手のアニメーションが削除されました。

浮動小数点・精度に関する修正・改善

ゲームの一部の仕組み(主に一握りの異なるパーティクル)で、従来32ビット(単精度)を使用していたものが、64ビット(倍精度)を使用するように変更されました。

その結果、プレイヤーがスポーンポイントから遠く離れていても、エフェクトが正しい場所に表示されるようになりました(16,777,216ブロック以上離れている場合は、エフェクトが最も極端になります)。

精度の損失エラーを修正

溶岩のパーティクルと飛び出いる音が正しい位置から発生するようになりました。

焚き火のパーティクルが正しい位置に生成されるようになりました。

ブロックの上面に当たる雨のパーティクルが正しい位置に生成されるようになりました。

溶岩の上に雨が降った際に生成される煙のパーティクルが正しい位置に生成されるようになりました。

レッドストーンのパーティクルが正しい位置に生成されるようになりました。

レッドストーンリピーターのパーティクルが正しい位置に生成されるようになりました。

ネザーバイオームに関するパーティクルが正しい位置に生成されるようになりました。

エンダーアイをエンドポータルフレームに設置したことで表示されるパーティクルが正しい位置に生成されるようになりました。

雨が降った際に葉から滴り落ちる水滴のパーティクルが正しい位置に生成されるようになりました。

エンチャントテーブルの本が遠距離からでも正常に開けるようになりました。

他の爆発で爆発したTNTが適切な場所で表示されるようになりました。

座標の数値が非常に高い場所でもディティクターレールなどに電源が供給されるようになりました。

座標が非常に高い場所でもモブが正常にスポーンするようになりました。

チェスト付きトロッコが廃坑の高い座標で正しく生成されるようになりました。

タグに関する変更

ブロックタグprevent_mob_spawning_insideからスイートベリーの低木を削除しました。
アイテムタグpiglin_lovedがアイテムタグgold_oresを使用するようになりました。

アイテムタグpiglin_loved金塊を追加しました。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)
レタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク