骨粉を利用したサンゴ・海草栽培装置の作り方

今回は初心者の方でも簡単に作れるサンゴ・海草栽培装置の作り方を紹介していきたいと思います。

画像はPS4です。(BE(統合版)Vita/PS3/WiiU/Xbox360/Switch・XboxOne)共通

スポンサーリンク
レタリング広告(大)

サンゴ・海草栽培装置の作り方

アイテムの名称はコンソール版に統一して解説します。

レッドストーン回路を設置するためのスペースを確保する

まず最初に4・横728マス1掘り下げます。(画像)

次に赤枠4・横312マスをさらに1掘り下げてください。(画像)

ホッパー式クロック回路を作成する

必要なアイテム
分配装置 ×1
比較装置 ×1

画像で位置を確認しながら分配装置は発射口が上になるように、比較装置の向きでそれぞれ設置します。

次に比較装置の後ろにホッパー(画像)、その右側に左側のホッパーに接続する形でもう1つホッパーを設置してください。(画像)

一度左側のホッパーを撤去して(画像)、今度は右側のホッパーに接続する形でもう一度ホッパーを設置してください(画像)

左右のホッパーの接続口が画像のようになっていればOKです。

ここで任意のブロック・アイテムを1個、どちらかのホッパーに入れるとクロック回路が起動するのですが音がうるさいのでまだ入れません。

トグル回路を設置する

必要なアイテム
反復装置 ×4
ブロック(レッドストーンたいまつ設置用) ×2
レッドストーンたいまつ ×2
レッドストーン ×6
感圧板 ×1
任意のブロック・アイテム(ホッパー式クロック回路用) ×1

まず最初に左の赤枠1ブロック分右の赤枠2ブロック分を撤去します。

次に左の1ブロック撤去した場所にレッドストーン1個(画像)、その手前にブロック1レッドストーンたいまつ1を画像のように設置してください。(画像)

最後に画像を確認しながら、反復装置4個(向きに注意)ブロックとレッドストーンたいまつ各1レッドストーン6個・感圧板1を設置してトグル回路の完成です。

最後のレッドストーンはクロック回路の比較装置に接続してください。

回路が正常に動作するか確認する

ホッパーにブロック・アイテムを1個入れてクロック回路を起動します。

次に感圧板を踏んでクロック回路OFF、もう一度踏んでONになるか確認します。

クロック回路を感圧板で制御できなければ、トグル回路のどこかが間違っています。

骨粉運搬装置

必要なアイテム
ホッパー ×4
チェスト ×1

クロック回路の左下のブロック1個分を空けます。(画像)

次にホッパー1を分配装置に接続する形で、残りの3右側のホッパーに接続する形で設置してください。(画像)

最後に1番左のホッパーの上にチェスト1設置します。

トグル回路の上をブロックで塞ぐ

必要なアイテム
ブロック ×17

トグル回路の上(赤枠)ブロック17で塞いでください。

サンゴ・海草栽培スペースを作成する

必要なアイテム
砂または砂利ブロック ×3
ブロック ×14

分配装置の右隣にブロック1設置します。(画像)

次に比較装置・分配装置・ブロックの上砂(砂利)ブロック3設置してください。
(画像)

最後にブロック14を砂(砂利)ブロック3個を囲うように設置します。

アイテム回収装置を設置する

必要なアイテム
ガラスブロック ×7
チェスト ×2
ホッパー ×1

ブロックの左下4ブロックの上ガラスブロック4個(画像)、その上にチェスト(大)を設置します。(画像)

一度後ろに周りチェスト(大)の左側にホッパーを接続する形で設置(画像)チェスト(大)の上にガラスブロック2、右後ろに1設置してください。(画像)

装置の壁+トラップドアを設置する

必要なアイテム
ガラスブロック ×24
トラップドア ×3

赤枠の位置にガラスブロック24高さ3マスを作ります。

さらに赤枠の部分ガラスブロック6を作ります。

黄枠1は空けておきます。

最後にさきほど空けておいた1列にトラップドア3設置してください。

サンゴ・海草栽培スペースに水を流す

必要なアイテム
ブロック ×3
水バケツ ×1

ホッパーのを一時的にブロック3で塞いで(画像)からを流します。(画像)

水が流れたら一時的に設置したブロック3個を撤去します。

これで上で水流を作りながら栽培スペースも水で満たすことができます。

屋根を設置する

必要なアイテム
任意のブロック(ガラスブロック以外でも可) ×18

装置の上にブロック18屋根を設置します。

額縁を設置する

必要なアイテム
額縁 ×3
サンゴ・海草・骨粉 ×各1

これは任意ですが額縁を骨粉運搬用チェスト1、アイテム回収用チェストの上に2設置して、アイテム(骨粉・サンゴ・海草)を貼り付けます。

これでサンゴ・海草栽培装置の完成です。

装置の使い方

必要な道具
技能のエンチャントが付いた道具(サンゴ採取用)
ハサミ(海草採取用)

サンゴ・海草を採取する前に必ず技能付きの道具とハサミを用意してください。

まず最初に骨粉を下のチェストに入れて分配装置に送ります。

感圧板を踏むとクロック回路が起動して砂ブロックの上にサンゴ・海草がランダムで栽培されるので、サンゴは技能付きの道具、海草はハサミで採取してください。

骨粉1個につき、サンゴ・海草がランダムで1個栽培されます。

採取したサンゴ・海草は水面に上がり、水流でホッパーまで流されチェストに収納されます。

まとめ

今回紹介したサンゴ・海草栽培装置を作成すると、わざわざ海に行かなくてもサンゴ・海草を地上で安全に栽培&採取することができるようになります。

サンゴは建築・装飾用、海草はカメの繁殖用として利用できるので、骨粉に余裕があり、この2つを海に採取しに行く手間を少しでも省きたい人は一度作ってみてはいかがでしょうか。

以上むらっちゃでした。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)
レタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク