小麦と野菜を簡単収穫!自動小麦(野菜)収穫機の作り方

今回は初心者向けに、小麦収穫機の作り方を解説していきたいと思います。

自動小麦収穫機はサバイバルで、最初に作るのには持って来いの装置です。

コストもあまりかからず、初心者の方でも比較的簡単に作ることができます。

画像はPS4editionです。(Vita/PS3/WiiU/Switch/Xbox360/XboxOne)共通

こちらの装置は“アップデートアクアティック”以降のバージョンでは機能しませんのでご注意ください。

必要な材料
レッドストーン×23
ピストン×7
反復装置×1
レバー×1
ホッパー×1
チェスト×2
バケツ1~

スポンサーリンク
レタリング広告(大)

まずは土台を作ろう

上の画像のように横㊤㊦7マス掘り進め、

縦(左右)に10個適当なブロックを置いていきます。

ポイント
レッドストーン装置やトラップは、を大量に使う事が多いので作業場の近くに無限水源を作っておくと便利です。

無限水源の作り方・・・

4マス分、一段下に掘ってから水を流すと無限水源になります。

まずは7マスの所に水を流して無限水源を作ります。

 

水を流し終わったら、その上を適当なブロックで塞いでいきます。

今回はわかりやすいように、ガラスブロックを使いました。

7マスの奥にブロックを縦4マス、横9マスで埋めていきます。

4列目の赤枠の所にブロックを7個並べてください。

次に赤枠の所に下5ブロック、上4ブロックの壁を作ります。

レッドストーン回路を組み込む

今回はピストンのON/OFFを切り変えるだけの回路なので、とても簡単です。

ピストンを7個設置します。

赤枠の中にレッドストーンを置いていき、

そのままレッドストーンを延長して、途中の青枠に反復装置を挟み、

最後にレバーを設置して回路は終了です。
※反復装置を設置しないと、レッドストーンの信号がレバーまで届かないので必ず設置してください。

レバーONにします。

するとレッドストーンから動力が伝わりピストンが前に動きます。

※レバーONのままにしておいてください。

水を流す為の受け皿を作ります。

[wc_row]

[wc_column size=”one-half” position=”first”]

ピストンの上に適当なブロックを7個並べていきます。

[/wc_column]

[wc_column size=”one-half” position=”last”]

1ブロック分空けて、同じようにブロックを7個並べます。

[/wc_column]

[/wc_row]

真ん中の一列に、水を流して無限水源を作ってください。

流した小麦を回収する装置を作る

[wc_row]

[wc_column size=”one-half” position=”first”]

一番最初の作業で、横に7マス掘った所の真ん中(4マス目)を2段下に掘り下げて、

[/wc_column]

[wc_column size=”one-half” position=”last”]

矢印の方向に3マス分を3段下掘り下げます。

[/wc_column]

[/wc_row]

[wc_row]

[wc_column size=”one-half” position=”first”]

最初に2段掘り下げた所から、チェストを2個置いて大チェストにします。

[/wc_column]

[wc_column size=”one-half” position=”last”]

しゃがみながらチェストにカーソルを合わせて、その上にホッパーを設置します。

[/wc_column]

[/wc_row]

[wc_row]

[wc_column size=”one-half” position=”first”]

上の画像のように適当なブロックで階段を設置して、

[/wc_column]

[wc_column size=”one-half” position=”last”]

真ん中の赤枠の所をブロックで塞ぎます。

[/wc_column]

[/wc_row]

最後に両端のから、真ん中のホッパーに向かって水を流して完成です。

装置を使って小麦を収穫してみよう

[wc_row]

[wc_column size=”one-half” position=”first”]

土を耕して、

[/wc_column]

[wc_column size=”one-half” position=”last”]

小麦の種を植えていきます。

[/wc_column]

[/wc_row]

[wc_row]

[wc_column size=”one-half” position=”first”]

小麦が育ったら、

[/wc_column]

[wc_column size=”one-half” position=”last”]

レバーOFFにして水を流してみましょう。

[/wc_column]

[/wc_row]

このように、流れた小麦チェストに入っていれば成功です。

まとめ

自動小麦収穫機は、低コストで比較的簡単に作れ、安定して小麦が手に入るようになります。

牛や羊を繁殖させるにも、小麦がたくさん必要になるので作って損はないと思います。

それでは今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

むらっちゃでした。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)
レタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク