Java版1.19 スナップショット『22w18a』新しい「コマンド・ルートテーブル・タグ」を追加 他

今回はマインクラフト公式から配信されたver1.19用スナップショット(22w18a)の紹介をしていきたいと思います。

バグの修正は省略します。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)

22w18aの内容

スナップショット[22w18a]では、新しいコマンド「コマンド・ルートテーブル・タグ」が追加された他、既存要素の仕様がいくつか変更されています。

新しく追加されたコマンド

コマンド[/place]が新しく追加されました。

既存のコマンド[/placefeature]に代わりに使用します。

「生成物・ジグソー・構造物」を、以下の構文で任意の位置に設置することができます。

/place feature <feature> [pos]

/place jigsaw <pool> <start> <depth> [pos]

/place structure <structure> [pos]

feature: 設置する生成物の名前空間ID。

structure: 設置する構造物の名前空間ID。

pool: 生成を開始するテンプレートプールの名前空間ID。

start: スタート地点のアンカーとして使用するジグソーの名前空間IDの名前。

depth: 設置に使用するジグソーの最大接続個数。

pos: 生成時のスタート地点となる座標。(省略した場合は、〜〜が使われる)

新しく追加されたルートテーブル

ルートテーブルの関数[set_instrument]が新しく追加されました。

以下のパラメータを使用して、楽器に関するアイテムに必要なアイテムタグを、タグからランダムに選択して設定します。

options: タグの参照で、楽器に設定するタグをランダムに選択して指定します。

新しく追加されたタグ

以下のブロックタグが新しく追加されました。

#snow_layer_can_survive_on: [honey_blocksoul_sand][mud]

#snow_layer_cannot_survive_on: [ice][packed_ice][barrier]

以下の旗の模様に関するタグが新しく追加されました。

#no_item_required: [square_bottom_left][square_bottom_right][square_top_left] [square_top_right][stripe_bottom][stripe_top][stripe_left][stripe_right][stripe_center] [stripe_middle][stripe_downright][stripe_downleft][small_stripes][cross] [straight_cross][triangle_bottom][triangle_top][triangles_bottom][triangles_top] [diagonal_left][diagonal_up_right][diagonal_up_left][diagonal_right][circle][rhombus] [half_vertical][half_horizontal][half_vertical_right][half_horizontal_bottom][border] [curly_border][gradient][gradient_up][bricks]

アイテム「旗の模様」を必要としない旗の模様を設定します。

#pattern_item/creeper: creeper

#pattern_item/flower: flower

#pattern_item/globe: globe

#pattern_item/mojang: mojang

#pattern_item/piglin: piglin

#pattern_item/skull: skull

以下の楽器に関するタグが新しく追加されました。

#goat_horns: [#regular_goat_horns][#screaming_goat_horns]

#regular_goat_horns: [ponder_goat_horn][sing_goat_horn][seek_goat_horn] [feel_goat_horn]

#screaming_goat_horns: [admire_goat_horn][call_goat_horn][yearn_goat_horn] [dream_goat_horn]

ウォーデンの衝撃波のパーティクルのテクスチャを変更

衝撃波のパーティクルのテクスチャが変更されました。

アレイに関する仕様を一部変更

気に入ったプレーヤーが見えない場合でも、そのプレーヤーを追いかけるようになりました。

また、プレイヤーを感知できなくなるまでの距離が64ブロックに増加しました。

振動に関する変更

振動を検知する[スカルクセンサ・スカルクシュリーカー・ウォーデン]は、ティックの最初に発生した振動ではなく、最も近い振動に反応するようになりました。

コマンドに関する変更

コマンド[/placefeature]が、新しく追加されたコマンド[/place]に統合されました。

進捗に関する変更

“抜き足・差し足” の英語説明文が「Sneak near a Sculk Sensor、Sculk Shrieker or Warden to prevent it from hearing you」から「Sneak near a Sculk Sensor or Warden to prevent it from detecting you」に変更されました。

チャットに関する変更

●サーバーがクライアントに対して、異なるチャット形式を設定できるようになりました。

●コマンド[/say][/msg][/teamms][/me]によるチャットも、すべて暗号化されるようになりました。

●レジストリ[chat_type]を使用して、チャット形式をクライアントに対してサーバー側で設定できるようになりました。

クライアントはサーバーに参加したときに設定が施行されます。

翻訳キーや翻訳のフォーマットは、[chat.type.text][%s says: “%s” ]のように設定することができます。

また、チャットも同様に、カスタムした翻訳キーやフォーマットで任意に読み上げさせることができます。

●全メッセージに対して、斜体や特定の色などで装飾することができるようになりました。

※現時点ではクリックやホバーイベントは利用できません。

ルートテーブルに関する変更

ルートテーブルの関数[set_goat_horn_sound]が削除されました。

ゲームイベントタグに関する変更

ゲームイベントタグ[vibrations][warden_can_listen]から引数[flap]が削除されました。

bundled Java runtimeの更新

bundled Java runtime17.0.3に更新されました。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)
レタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク