【初心者向け】エンドポータルの正しい作り方

今回は、エンドポータルを作る際のエンドポータルフレームの正しい置き方を解説していきたいと思います。

画像はJava版です。(統合/CS)共通

スポンサーリンク
レタリング広告(大)

エンドポータルの正しい作り方

エンドポータルは、要塞に自然生成されるエンドポータルと同じように5×5の角なしで設置するのですが

画像のように適当にエンドポータルフレームを置いてエンドポータルを作ってしまうと

エンダーアイを嵌め込んでもポータルは起動してくれません。

正常に動作するエンドポータルを作るには、エンドポータルフレームを向きだけ変えながら自分を囲う形で4辺それぞれに3ブロックずつ置いていく必要があります。

その際に、エンドポータルフレームの正面が1つでもを向いているとエンドポータルが起動しないので注意してください。

エンドポータルは必ず全て正面が内側を向くように置きましょう。

このように正しい置き方でエンドポータルを作った場合のみ、ポータルが起動します。

また、エンドポータルを起動した際に枠の中に生成される “宇宙(エンドポータルブロック)” はクリエイティブモードにすることで破壊できます。

エンドポータル豆知識

エンドポータルを構成するエンドポータルフレームは、他のブロックに置き換えることができるので、好きなブロックで装飾してみるのもいいでしょう。

まとめ

エンドポータルはネザーゲートと違い、決まった置き方をしないとポータルが起動しないので初めてエンドポータルを作る方は注意しましょう。

以上むらっちゃでした。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)
レタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク