【Java版】ver1.16に対応した『アイアンゴーレムトラップ』の作り方

今回は、1.16アップデートに対応したJava版専用の『アイアンゴーレムトラップ』の作り方を解説をしていきたいと思います。

画像はJava版ver1.16.1です。※このトラップはJava版専用です。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)

Java版アイアンゴーレムの新しい召喚条件

Java版1.16から、就寝したことがある村人が混乱状態になるとアイアンゴーレムが1体召喚されるようになりました。

トラップに連れて来る敵対モブとトラップを作成する場所

今回紹介するアイアンゴーレムトラップは、村人を混乱状態にするために特定の敵対モブが1体必要になるのですが、サバイバルで連れて来る場合はハスクがおすすめです。

ハスクはゾンビと違って日光に耐性があるので安全な昼間に連れて来ることができます。

そのため、トラップもハスクがスポーンする砂漠バイオームに作成するのがいいでしょう。

砂漠バイオームにトラップを作成することで、ハスクを連れて来る時間をかなり短縮できると思います。

トラップは村のすぐ隣に作成しても機能する

1.16では村のすぐ隣にトラップを作成しても問題なく機能するので、レールの数を節約するためにもなるべく村の近くに作成することをおすすめします。

また、村の中心に作成しても一応機能するのですが、自然召喚されるアイアンゴーレムとバッティングすることがあるので村の中に作成するのは止めておきましょう。

新しい『アイアンゴーレムトラップ』の作り方

サバイバルで作成する場合は、夜間に作業するとトラップの下に湧いた敵対モブがそのまま消えずに残り、どんどん溜まっていくので夜は必ずベッドで寝るようにしましょう。

また、『アイアンゴーレムトラップ』は高所作業を伴うので、はしごの機能砂の特性を合わせた『足場』を上手く活用しましょう。

アイテム回収装置を作成する

必要なアイテム・ブロック
任意の不可燃ブロック×10
チェスト×2
ホッパー×4

まず最初に4×4で真ん中を画像のように2列空けてブロック10個をU型に並べます。

次に画像の位置にチェスト2個設置してラージチェストにしてください。

最後にホッパーを接続口がの方向を向くように計4個設置します。

どのホッパーにアイテムを入れてもチェストに送られるようにしてください。

アイアンゴーレムの処理場を作成する

必要なアイテム・ブロック
任意の不可燃ブロック(柱用)×36
任意の不可燃ブロック(落下防止用)×4
ガラス(外壁用)×48
看板×4
溶岩入りバケツ×4

四つの角をすべて3ブロックの高さにして

間にガラスをそれぞれ4個ずつ設置します。

次に左右のガラス(ホッパーのすぐ上)看板2個ずつ設置して

4つから溶岩を流し

四つの角の柱を8ブロック、ガラス(左右前後)を6ブロックの高さまで積み上げ

4本の柱の先端を画像のようにブロックで繋げます。

ブロックを積み上げるときは、すべての柱とガラスを一度に積み上げていくことで時間短縮できます。

最後に誤って溶岩に落下しないように、真ん中の4マス適当なブロックで塞いでおきます。

水路を作成する

必要なアイテム・ブロック
任意のブロック(床用)×64
任意のブロック(外壁用)×86
ガラス(正面壁)×54

落とし穴の左右4列すべてからブロック8個分伸ばします。

次に高さ2マスの後壁を画像のように設置して(画像)、左右に高さ4マスの横壁を設置してください。(画像)

最後にガラスを正面に設置して(画像)、ガラスの上にブロックを一列並べます。(画像)

アイアンゴーレムの湧き層を作成する

必要なアイテム・ブロック
任意のブロック(床用)×160
任意のブロック(外壁用)×68
葉ブロック×60

水路から縦8・横20でアイアンゴーレムの沸き層の床を作成します。

次に高さ2マスの外壁を沸き層の左右・後方に設置してます。

最後に葉ブロック(もしくは松明などの光源ブロック)を外壁の上に設置してモブがスポーンしないように沸き潰しをしてください。

沸き層・水路に水を流す

必要なアイテム・ブロック
水入りバケツ×14

スポーン部屋のからを流して

水路の左右のからもを流してください。

水をすべて流し終わったら、落とし穴を塞いでいた“落下防止用のブロック”を撤去します。

作業がすべて終わったら外壁を壊すなどして外に出てください。

“部屋A”(村人用の部屋)を作成する

必要なアイテム・ブロック
任意のブロック(床用)×28
ガラス(外壁用)×14
ベッド×4
フェンスゲート×1
ハーフブロック(普通のブロックでも可)×2
松明×2~
葉ブロック(屋根兼沸き潰し用)×18

縦3・横6を作り、ブロックを床の端に10個置いて

画像のようにベッド4個を横に並べます。

次に左右、前に高さ2マスのガラスの壁(前方右1マスと右横2マスは空ける)を作り

前壁の空けておいたマスにフェンスゲートを、右壁の空けておいたマスにハーフブロック2個設置して

部屋の中を松明“沸き潰し”ます。

最後に葉ブロックを部屋の上に置いて沸き潰しをしてください。

“部屋B”(ハスク用の部屋)を作成する

村人を混乱させるために必要なハスク1体が入る部屋を“部屋A”(村人用の部屋)に隣接する形で作成します。

必要なアイテム・ブロック
任任意のブロック(床用)×6
ガラス(外壁用)×4
フェンスゲート×2
葉ブロック(屋根兼沸き潰し用)×6

縦3・横2を作り

画像の位置にガラス2個設置して

空けておいたマスにフェンスゲートをそれぞれ設置します。

最後に葉ブロックを部屋の上に置いて沸き潰して完成です。

トラップの下の湧き潰しをする

必要なアイテム・ブロック
松明×たくさん

トラップの下に松明などの光源ブロックを設置して、モンスターがスポーンしないように“湧き潰し”をしておきましょう。

村人を”部屋A”の中に入れる

アイアンゴーレムトラップに一番近い村から村人4人“部屋A”の中に入れます。

村人を”部屋A”に運ぶための準備をする

必要なアイテム・ブロック
任意のブロック×27
レール×村との距離による
パワードレール×村との距離による
レッドストーントーチ×村との距離による
トロッコ×1

まず、村の家からドアの下に階段がある家(自分で設置しても可)を選び、村人が入っているときにドアの左右と前にブロックを設置、階段の前にパワードレールを置いてレッドストーントーチで起動します。

最後にレールをそのままトラップまで延長、画像のように階段状にして“部屋A”と繋げます。

レールとレールの間には画像のように一定の間隔でパワードレールレッドストーントーチを設置してください。

村人を”部屋A”まで運ぶ

必要なアイテム・ブロック
トロッコ×1

パワードレールの上にトロッコを設置します。

真ん中のブロックを壊すと、村人がトロッコに乗って部屋の入口まで運ばれ

トロッコを撤去すると村人が部屋の中に入ります。

最終的に村人を4人入れてください。

実際の村で村人をトロッコに乗せる方法はこちらの

村人を運ぶ方法

をご覧ください。

階段とレールは村人を部屋に入れたら撤去してください。

一度ベッドで寝る

サバイバルの場合、村人は村で自発的に何回も寝てるはずですが、何故かトラップの中で一晩寝かせないとアイアンゴーレムが召喚されないので、ハスクを部屋に入れる前に必ず一晩村人を寝かせてください。

ハスクを”部屋B”の中に入れる

ハスクをトラップまで誘導して“部屋B”の中に入れます。

ハスクを”部屋B”に運ぶための準備をする

必要なアイテム・ブロック
任意のブロック×42
フェンスゲート×2
感圧板×2

まず、作成した”部屋B”に階段を画像のように2つ設置してフェンスゲートの手前に感圧板を置きます。

ハスクを”部屋B”まで運ぶ

“部屋B”に入り、どちらかのフェンスゲートを開けます。

次にハスクを一定の距離を取りながら追わせて、フェンスゲートを開けてない方の階段から”部屋B”の中に入り、ハスクが階段を上がってフェンスゲートの近くまで来たら

開けておいたフェンスゲートから部屋の外に出て階段を下ります。

このとき、感圧版を必ず踏むのでフェンスゲートが閉まり、ハスクを部屋の中に閉じ込めることができます。

階段・感圧板は撤去せずに残しておく

不具合でトラップが機能しなくなっても、違うハスクを入れることで機能するようになるので階段・感圧板は撤去せずに残しておきましょう。

ただ、ないとは思いますがアイアンゴーレムが階段に召喚された場合は撤去してください。

アイアンゴーレムトラップ起動時の一連の流れ

村人がハスクで混乱状態なったらトラップが起動して、約10秒~30秒に1体のアイアンゴーレムが”沸き層”に召喚されます。

“湧き層”に召喚されたアイアンゴーレムが水流で溶岩に落ちて倒されると

ドロップした鉄インゴットポピーがホッパーを通ってチェストに送られます。

短時間でたくさんの鉄インゴットを入手できます。

トラップが正常に機能する事を確認したらハスクに名札を付ける

必要なアイテム・ブロック
名札×1

トラップが正常に機能する事を確認したら”部屋B”の中に入れたハスクに名札を付けます。

マインクラフトでは、モンスターから128マス離れるとモンスターが確実にデスポーンしてしまいますが、名札を付けることでこのデスポーンを回避することができます。

アイアンゴーレムが召喚されなくなった場合の対処法

何かの不具合でアイアンゴーレムが召喚されなくなった場合は、”部屋B”のハスクを一度排除して、村人を念のため一晩寝かせてからもう一度ハスクを”部屋B”に入れてください。

これで再びアイアンゴーレムが召喚されると思います。

まとめ

ver1.16のアイアンゴーレムはかなり短い間隔で1体召喚されるので、今回紹介したような小規模なトラップでも大量の鉄インゴットが短時間で入手可能です。

java版のアイアンゴーレムトラップは、村のすぐ隣に作成しても機能するので、村人4人とハスクをトラップ内に入れる作業も昔のバージョンに比べて楽だと思います。

鉄インゴットを楽して、しかも無限に手に入れたい方は是非作ってみてください。

以上むらっちゃでした。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)
レタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク