【初心者向け】マルチプレイで複数のプレイヤーが本の内容を共有できる「書見台」の使い方

今回は、初心者向けにマルチプレイで複数のプレイヤーが本の内容を共有できる「書見台」の使い方を解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)

「書見台」の使い方

書見台はマルチプレイで複数のプレイヤーが “本の内容を共有する” ために使用するブロックです。

「書見台」を入手する方法

書見台木のハーフブロック4個・本棚1個で作成することができます。

また、“村の司書の家” で借りることができます。

「書見台」で本を読む方法

手に持った「本と羽ペン」右クリックで書見台に設置してから

書見台を右クリックすると本を読むことができます。

書見台には「記入済みの本」と「書き終わっていない本」の両方を置くことができます。

マルチプレイで遊んだ際に複数のプレイヤーが同時に同じ本を読むことができます。

「書見台」から「本と羽ペン」を回収する方法

Java版は[本を取る]

統合版は書見台を右クリックすることで「本と羽ペン」を回収できます。

本が置いてある「書見台」はレッドストーン信号を出力する

「本と羽ペン」が置かれた書見台はレッドストーン信号を出力します。

何も書かれていない本と羽ペン」を書見台に置くと最大レベルである15のレッドストーン信号を出力します。

また、「本と羽ペン」を置いた書見台の横に設置したコンパレーターは “本が読まれる状況を記憶する” ので、ページ数に応じてページをめくる度にレッドストーン信号段階的に出力します。

例えば、15ページの本を書見台に置いた場合、Java版はページをめくる度にレベル1の信号が常に出力されます。

統合版の本は一度に2ページ表示するため、ページをめくる度に2~3の信号が出力されます。

また、統合版は一度に2ページ表示する仕様上、最大レベル15を出力する最後のページが偶数である必要があるので14ページ目で最大レベル15の信号が出力されます。

書見台を燃料として利用する

書見台を “かまど・溶鉱炉の燃料” として利用することができます。

書見台1個につき、1.5個のアイテムを製錬できます。

まとめ

書見台は複数のプレイヤーで同じ本を読めるので、マルチプレイで遊ぶ際はぜひ活用してください。

以上むらっちゃでした。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)
レタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク