モブの体力が一目でわかる!『ToroHealth Damage Indicators』の使い方

今回はモブの体力が一目でわかる『Torohealth Damage Indicators』の解説をしていきたいと思います。

ダウンロード ToroHealth Damage Indicators

『Torohealth Damage Indicators』を導入するには前提ModであるForgeが必要です。

java版マインクラフトにMODを入れて遊ぶには、ほとんどの場合で前提MODであるforgeが必要になります。初心者の方でも、きちんと手順を踏めば問題なく導入でると思います。
 解説で使用しているModのVersionは1.12.2です。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)

 Health Barの見方

モブにカーソルを合わせると左上にモブの名前・体力ゲージ・3Dモデルが表示されます。

対象のモブを攻撃するとダメージが数値で表示され、左上の体力ゲージが減ります。

オプション設定

「Health Bar」に関しては解説することはもう何もないですが、オプション設定は豊富にあるのでこちらを詳しく解説していこうと思います。

ゲームメニューを開いて「Modの設定」から「Mod List」にアクセスします。

次に左の“Modリスト”から『Torohealth Damage Indicators』を選択して「Config」をクリックすると

 Modをたくさん導入している場合は「検索」にMod名を入力すると素早く探すことができます。

オプション画面にアクセスできます。

①Damage Color

ダメージ数値の色を変更することができます。

色はRED・GREEN・BLUE・YELLOW・ORANGE・WHITE・BLACK・PURPLE8色から選べます。

画像のようにダメージ数値の色が変更されます。(デフォルトはREDです)

②Heal Color

回復数値の色を変更することができます。

色はRED・GREEN・BLUE・YELLOW・ORANGE・WHITE・BLACK・PURPLE8色から選べます。

画像ではデフォルトのGREENからBLUEに変更しています。

③Health Bar Display

体力ゲージのデザインを変更します。

デザインはデフォルトのHEARTSを含め、NUMERIC・BAR・OFFの4種類から選べます。

 OFFは体力ゲージを非表示にするだけなので省略します。

NUMERICは体力ゲージが他のゲームでよく見る定番のものに変更され、体力ゲージの中にHPが表示されます。

BARは体力ゲージが棒状になり、HPが体力ゲージの下に表示されます。

④Health Bar Position

Health Barの位置を変更します。

TOP LEFT・TOP RIGHT・TOP CENTER・BOTTOM LEFT・BOTTOM RIGHTの5種類からHealth Barの位置を選べます。

画像はTOP CENTERに変更しています。(デフォルトはTOP LEFTです)

移動する位置は決まっているで手軽に変更することができます。

⑤Health Bar X ・Health Bar Y

[Health Bar Positon]と同じくHealth Barの位置を変更しますが、こちらは手動でより細かく位置を決めることができます。

Health Bar X Health Barを左右に-20000から20000の範囲で移動可能です
Health Bar Y Health Barを上下に-20000から20000の範囲で移動可能です

画像はX300Y100に設定しています。

 Xは数値を+にすると右に、にすると左に、Yは数値を+にすると下に、にすると上にHealth Barが移動します。

⑥Hide Delay

モブからカーソルを外したあとに、そのモブのHealth Barが非表示になるまでの時間を設定します。

Hide Delay
50~5000で設定可能です

画像では数値を5000に設定しているので、モブからカーソルを外してHealth Bar約5秒表示されます。

⑦Show 3D Model of Entity

モブの3Dモデル表示(true)非表示(false)に設定できます。

3Dモデルを非表示にするとHealth Barはよりシンプルなものになります。

⑧Show Damage Particles

モブを攻撃したときに表示されるダメージ数値の表示(true)非表示(false)を設定します。

非表示にすると画像のようにダメージ数値は表示されません。

⑨Skin

Health Barのスキンを変更できます。

スキンはBASIC(デフォルト)・HEAVY・NONEの3種類から選択することができます。

HEAVYはテクスチャが追加されるので体力ゲージが多少見やすくなります。

NONEは名前・体力ゲージ・3Dモデルのみになるので個人的には少し見ずらい感じがします。

まとめ

『Torohealth Damage Indicators』は、名前・体力ゲージ・モブの3Dモデルのみの表示なので、とてもシンプルでわかりやすいです。

また、デフォルトでは体力ゲージがプレイヤーと同じハート表記ですが、他にHP付きメーターが2種類あるので好みに応じて変更できるのもいいですね。

村人や動物に体力ゲージはさほど必要ありませんが、敵モンスターと戦うときには必ず役立つのでぜひ一度試してみてください。

以上むらっちゃでした。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)
レタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク