ついにPS4版マインクラフトが統合版にアップデート!他機種とのクロスプレイ対応へ

アップデートv1.99(現在はv2.00)が配信され、ゲーム機版最後のマインクラフト“PS4エディション”もついに統合版にアップデートされました。

今回は“PS4エディション”が統合版に移行して、ゲーム機版からどのように変わったのかを簡単にですが見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)

統合版になって何が変わったのか

まず最初に変わったのがアプリケーションのカバーですね。

こちらはゲーム機版のカバーから統合版のカバーに差し替えられています。

PS4も他機種と同じタイミングで最新アップデートが適用に

起動すると… 統合版のタイトル画面になっています。(当たり前ですが)

これからはPS4にも最新アップデートが他機種に遅れることなく適用されます。

ゲームの起動時間が遅くなった?

ここで1つ気になったのがゲームの起動時間です。

ゲーム機版はノーマルPS4で、ゲームを起動してからタイトル画面が表示されるまで約7秒でしたが、統合版になって約35秒かかるようになりました。

しかし、容量が10.15GBに増えたことを考えるとこれは完全に許容範囲ですね。

PS4エディションで遊んでいたワールドは利用できるのか

PS4エディションのセーブデータは「以前の世界」の項目に読み込まれます。

PS4エディションのセーブデータが多いほど読み込むのに時間がかかります。

選択して変換すると

PS4エディションで遊んでいたセーブデータをそのまま統合版で遊ぶことができます。

PS4エディションのセーブデータは複製して統合版に変換されます。

PS4エディションでセーブデータをたくさん作成している場合は注意

私の場合、統合版にアップデートされて最初にプレイしようとしたとき、“容量不足”とのメッセージが表示され、セーブデータの変換どころか“新しい世界”を作成することもできませんでした。(PS4エディションで3GBほどセーブデータに使用していました)

この問題はセーブデータをいくつか削除して容量を減らすことで解決できたので、同じように“容量不足”で遊べない方は、まず最初に“必要ないセーブデータ”を削除してみるといいでしょう。

大事なセーブデータを削除する場合は、必ずオンラインストレージUSBにバックアップしましょう。

UI周りはかなり違うのでPS4ユーザーは慣れが必要

統合版のUI周りはPS4エディションとかなり違うので、PS4エディションで長年プレイしてきたユーザーほど慣れるまで大変かもしれません。

コントローラーのボタンの割り当ては設定で変更できるので、こちらはPS4エディションと同じ割り当てにすることができます。

PS4ユーザーは×ジャンプが染みついているのでジャンプは慣れないですよね。

PS4版もついに無限ワールドに

PS4版も無限ワールドで遊ぶことができるようになりました。

無限ワールドはPS4ユーザーで待ち望んでた人も多いのではないでしょうか。

画面分割プレイは統合版でも利用できる

統合版でもPS4エディションと同じように、別のコントローラーでサインインしてからoptionボタンを押すことで

画面分割プレイを楽しむことができます。

ただ、無限ワールドでデータ容量が増えたせいか、子供たちと画面3分割プレイをすると結構カクつくことがありました。

安定性が売りのゲーム機でこれは残念ですね。

パッチで改善されるといいのですが…。

統合版はキャラクターの編集ができる

統合版ではプロフィールからオリジナルスキンを作成することができます。

「キャラクターを編集」を選択すると髪、目、口などパーツごとに細かく編集できます。

用意されたプリセットから選ぶ形なのでキャラクリが苦手な方でも安心ですね。

ただ、プリセットの読み込みは遅いです。

また、パーツごとにを変えることができます。

腕・足・スタイル(衣装など)は有料のものが多い

スタイル(衣装など)は無料で使用できるものは少ないです。

有料のものを使用したい場合はゲーム内通貨“トークン”で購入します。

ゲーム内通貨”トークン”とは

トークンはPS4版マインクラフト独自のゲーム内通貨で、例えば235円で320トークンを購入することができます。

PS4版の有料コンテンツはすべてこのトークンで購入する必要があるので注意が必要です。

また、他のプラットフォーム共通のゲーム内通貨である“Minecoin”はPS4版で使用できなかったり、トークンで購入した一部コンテンツを他のプラットフォームで使用できないなど、結構制約があるのでトークンを購入前する前に「トークンに関するFAQ」に目を通しておくといいでしょう。

PS4エディションで購入したスキンは使用できるのか

以前PS4エディションで購入したスキンは統合版でも使用することができます。

ただし、PS4エディションのスキンを使用すると、クロスプレイができなくなるので注意しましょう。

スキンが使用できるのはオフラインプレイか、通常のマルチプレイのみです。

クロスプレイ対応で他機種のユーザーと一緒に遊べる

マイクロソフトのアカウントでサインインすることでXbox・Win10・switch・ios・androidのユーザーと一緒に遊ぶことができます。

いつでもゲーム機版に戻すことが可能

「エディション」を選択すると

いつでもPS4エディションのマインクラフトに戻して遊ぶことができます。

統合版に変換したセーブデータもそのまま残っているのはありがたいですね。

ストレージ内の赤い部分は統合版のセーブデータです。

「新しいMinecraftを開始する」のボタンを押すと統合版を起動します。

まとめ

統合版にアップデートしたことによるポジティブ要素

PS4にも最新アップデートが他機種に遅れることなく適用されるようなった。

PS4エディションのセーブデータを統合版で遊ぶことができる。

無限ワールドで遊ぶことができる。

ゲーム機版のように画面分割プレイができる。

キャラクリエイトができるようなった。

PS Storeで購入したスキンやテクスチャが統合版で使用できる。

クロスプレイで他機種のユーザーと一緒に遊べる。

ゲーム機版のPS4エディションに戻して遊ぶことができる。

PS4エディションのセーブデータは複製して統合版に変換されるので、変換後もPS4エディションで遊べる。

統合版にアップデートしたことによるネガティブ要素

ゲームの起動時間が以前よりも長くなった。

PS4エディションのセーブデータが多いほど「以前の世界」に読み込むのに時間がかかる。

PS4エディションのUIに慣れていると統合版のUIに戸惑う。

3人で画面分割プレイをすると定期的にカクつく。

キャラクリエイトのプリセットの読み込みが遅い。

PS Storeで購入したスキンやテクスチャを使用してクロスプレイができない。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)
レタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク