マインクラフトJava版1.13 最新スナップショット 新しいカスタムワールドタイプ 『ビュッフェ』が追加!

今回は、マインクラフト公式から新しく配信された次期アップデート用のスナップショット(18w16a)の紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)

スナップショット (18w16a)の内容

今回のスナップショットでワールドタイプに新しく『ビュッフェ』が追加された他、以前のスナップショットで追加されたUpdate Aquaticに関する要素が多数修正・変更されました。

ワールドタイプ『ビュッフェ』の追加

ワールドタイプを新しく追加された『ビュッフェ』にすると、1つのバイオームで構成された世界で遊ぶことができます。

 新しい世界に『ビュッフェ』を適用するには、ワールドを新規作成する必要があります。

まず、ワールド新規作成画面で『その他のワールド設定』をクリックします。

ビュッフェの項目は、スクリーンショットを撮った時点では英語でしたが、現在は日本語に翻訳されています。

次にのワールドタイプに新しく『Buffet』が追加されているので、こちらを選択して『カスタマイズ』をクリックします。

すると画面がBuffet world customzationに切り替わるので・・・

『World generator』からOverworldThe End、どちらかのディメンションを選択します。

次に『Please select a biome』から好きなバイオームを選んで

※今回は公式のスクリーンショットに掲載されていたMesaを選択しました。

『完了』をクリックします。

バイオームは約70の中から選ぶことができます。

最後に『ワールド新規作成』をクリックすると・・・

ビュッフェワールドが作成されます。

コンジットのパーティクルが変更される

スナップショット18w15aでは、オレンジ色のひものようなパーティクルでしたが、ブルーの球体に変更されています。

カメの甲羅の仕様変更

18w15aまでカメの甲羅を装備するとパーティクルが表示されていましたが、18w16aからは表示されません。

18w15aまでは、『カメの甲羅』を装備して1ブロック分水に入るだけで水中呼吸の効果持続時間がカウントされていましたが

18w16aからカウントされなくなりました。

タートルマスターのポーションの一部仕様変更

タートルマスターのポーション(移動速度低下Ⅵ)耐性Ⅵ(6)Ⅳ(4)に変更されています。

サンゴ・サンゴブロックの仕様変更

サンゴブロックシルクタッチのツルハシ』を使用して

採取できるようになっています。

また、サンゴブロックを地上に設置してから『死んだサンゴ』になるまでの時間が少しだけ遅くなりました。

サンゴブロックシルクタッチ以外のツルハシで採掘すると『死んだサンゴ』になります。

また、サンゴブロックツルハシ以外では採掘できません。

サンゴサンゴブロックの横側にも自然生成されるようになりました。

ドラウンドが海底遺跡にもスポーンする

ドラウンドが海底遺跡にもスポーンするようになっています。

ブルーアイスの仕様変更

ブルーアイスの上を滑るスピードが少し遅くなりました。

デバッグ画面のバイオーム名が翻訳される

F3キーを押してデバック画面を開くと赤枠のバイオームが日本語に翻訳されています。

その他細かい修正・仕様変更は今回省略します。

まとめ

ワールドタイプに新しく追加された『ビュッフェ』は約70のバイオームの中から選んで世界を作成することができます。

特にジエンドと、オーバーワールドのバイオームを組み合わせると、通常ではありえない世界が作成できるので結構面白いです。

ただ、組み合わせられるバイオームは1つだけなので、プレイが単調になりやすく、すぐに飽きてしまいすけが・・・。

wikiによると、これから多くのオプションが追加される可能性があるらしいので、個人的にはそちらを期待して待ちたいと思います。

以上むらっちゃでした。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)
レタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク