Java版1.14 スナップショット『18w48a』新しく生まれ変わった平原の村 『18w48b』クラッシュが頻繁に起こる問題を修正

今回はマインクラフト公式から配信されたVer1.14用スナップショット(18w48a/48b)の紹介をしていきたいと思います。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)

スナップショット(18w48a・48b)の内容

18w48aでは平原バイオームの村が一新された他、砥石が使用可能になりました。

また、18w48bでは18w48aで頻繁に起きていたクラッシュの問題が修正されました。

新しくなったメニュー画面の背景画像

メニュー画面の背景画像が新しくなった平原バイオームの村に変更されました。

新しく生まれ変わった平原バイオームの村

平原バイオームの村が、平原バイオームに合った独自の村に一新されました。

また、これに伴い平原バイオームの村の新しい構造ファイルも追加されています。

18w43・44で追加されたユーティリティブロックが村に自然生成される

18w43・44で追加された樽・鐘・溶鉱炉・製図台・矢作台・書見台・機織り機・燻製台・石切り台・砥石醸造台が平原バイオームの村で自然生成されるようになりました。

新しく樽の小屋が生成されるようになりました。

は1本のオークの木を挟む形で2つ生成されます。

溶鉱炉は木の家の中に生成されます。

製図台は製図家の家の中に生成されます。

矢作台は矢師の家の中に生成されます。

書見台は図書館の中に生成されます。

機織り機は羊飼いの家の中に生成されます。

砥石は鍛冶屋に生成されます。

石切り台は新しく追加された白いテラコッタの壁の家の中に生成されます。

醸造台は教会の中に生成されます。
シードを変えて数十回村を生成しましたが、鍛治台燻製台は一度も生成されませんでした。

18w48bでクラッシュが頻繁に起こる問題が修正される

18w48aでは新しい村に行くと頻繁にクラッシュする問題がありましたが、18w48bで修正されました。

砥石が使用可能になる

砥石にGUIと機能が追加され使用可能になりました。

テクスチャも若干変更されています。

砥石木の棒2個・石のハーフブロック1個・木材2で作成することができます。

道具・武器を統合する

右クリックでGUIを開くと縦に2つのスロットがあります。

次に耐久値が減った2つの道具・武器を、それぞれスロットにセットすると1つに統合され耐久値を回復することができます。

その代わりに、プレイヤーのクラフトグリット2×2と作業台のクラフトグリット3×3で道具・武器を統合することができなくなりました。

道具・武器からエンチャントを削除する

GUIを開き、エンチャント付きの道具・武器をスロットにセットすると、付属しているエンチャントを削除することができます。

呪いのエンチャントを削除することはできません。

エンチャントを削除すると少量ですが経験値が返ってきます。

ブロックが後ろになくてもツタを登れるようになる

後ろにブロックがなくてもツタを登れるようになりました。

まとめ

今回のスナップショットで新しく生まれ変わった平原の村は、建物の外観がすべて一新された他、噴水や動物飼育用の柵など新しい構造物も追加され、より村人達の生活感が出たのではないでしょうか。

これから順次新しくなる砂漠・タイガ・アカシヤの村も楽しみですね。

以上むらっちゃでした。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)
レタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク