Java版1.17 スナップショット『20w49a』配信!新ブロック『スカルクセンサー』を追加!他

今回はマインクラフト公式から配信されたver1.17用スナップショット(20w49a)の紹介をしていきたいと思います。

バグの修正は省略します。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)

スナップショット(20w49a)の内容

スナップショット20w49aでは、新バイオーム『鍾乳石の洞窟』と新ブロック『スカルクセンサー』が追加された他、既存要素の仕様がいくつか変更されました。

また、複数のバグが修正されています。

鍾乳石の洞窟

新バイオーム「鍾乳石の洞窟」は、主に「鍾乳石ブロック」「石」で構成されているバイオームで、地面と天井には鍾乳石ブロックの塊と尖った鍾乳石あり、地面にいくつもの水たまりが形成されています。

現時点では通常の世界で自然に生成されることはなく、「ワールドタイプ:洞窟」ビュッフェワールド「Dripstone caves」でのみ生成できます。

スカルクセンサー

レッドストーンの構成要素の1つである伝達部品に「スカルクセンサー」が新しく追加されました。

現時点ではクリエイティブインベントリからのみ入手可能です。

「スカルクセンサー」“振動” を検出するとレッドストーン信号を出力します。

また、コンパレータに接続することで異なる強さの信号を出力することができます。

信号の強さは振動の周波数に基づいています。

「スカルクセンサー」に伝わる “振動”羊毛で遮断することができます。

新しいパーティクル

パーティクル:vibration dust_color_transition が新しく追加されました。

新しい死亡メッセージ

落ちてくる鍾乳石に串刺しにされた時の死亡メッセージ

“<player> was skewered by a falling stalactite”

“<player> was skewered by a falling stalactite whilst fighting <entity>”

が新しく追加されました。

新しいタグ

ブロックタグ “dripstone_replaceable_blocks” が新しく追加されました。

ブロックタグ “base_stone_overworld” と土が含まれています。

鍾乳石生成時に使用して、どの鍾乳石のブロックが置き換え可能か、どの鍾乳石が生成可能かを決定します。

ブロックタグ “occludes_vibration_signals” が新しく追加されました。

ブロックタグ “wool” を含みます。

このタグに含まれるブロックがスカルクセンサーと振動の間にある場合、スカルクセンサーが振動を伝えるのを防ぎます。

タグタイプ “game_events” が新しく追加されました。

ゲームイベントタグ “ignore_vibrations_stepping_carefully” が新しく追加されました。

歩く、落下、射的イベントが含まれています。

プレイヤーがスニークしている場合、このタグのゲームイベントをスカルクセンサーは無視します。

ゲームイベントタグ “vibrations” が新しく追加されました。

すべてのゲームイベントを含みます。

スカルクセンサーはこのタグのゲームイベントに反応します。

鍾乳石の仕様を一部変更

Ultrawarmがtrueに設定されている次元(ネザーなど)では、下向きの鍾乳石は水のパーティクルではなく溶岩のパーティクルを生成するようになりました。

バンドルの仕様を一部変更

高度なツールチップを無効にしても、“バンドルに収納できるアイテムの容量” が常に表示されるようになりました。

ステータス効果「衝撃吸収」の仕様を一部変更

「毒」または「衰弱」にかかかると空の状態になっていた “衝撃吸収が付与されている際の黄色いハート” が黄色のまま表示されるようになりました。

凍結の仕様を一部変更

「凍結のハート」ハードコアモードで表示されるようになりました。

ただし、通常の凍結のハートと同じように表示されます。

カスタムマイズされた世界に関する変更

ディメンジョンタイプに “height”“min_y” の変数が新しく追加されました。

サーバーに関する仕様一部変更

サーバーの “max-build-height” が削除されました。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)
レタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク