Java版1.18 スナップショット『21w37a』設定に新しいオプション項目を複数追加!他

今回はマインクラフト公式から配信されたver1.18用スナップショット(21w37a)の紹介をしていきたいと思います。

バグの修正は省略します。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)

スナップショット(21w37a)の内容

スナップショット21w37aでは、アクセシビリティ・サウンド・ビデオ・操作設定に新しいオプション項目が追加された他、既存要素の仕様がいくつか変更されています。

エンチャントテーブルに関する仕様を一部変更

エンチャントテーブルの明るさレベルが7になりました。

洞窟のツタ・コンブ・しだれツタ・ねじれツタに関する仕様を一部変更

先端部をハサミで右クリックすると成長が止まるようになりました。

ウーパールーパーに関する仕様を一部変更

ウーパールーパーは、繫茂した洞窟バイオームでのみスポーンするようになりました。

ヤギに関する仕様を一部変更

ヤギは、雪の丘・雪山・高峰・石の山頂バイオームでのみスポーンするようになりました。

邪悪な村人「イリジャー」に関する仕様を一部変更

邪悪な村人「イリジャー」が子供の村人を攻撃しなくなりました。

アクセシビリティ設定に新しい項目を追加

稲妻が落ちた際の光の点滅を無効にできるようになりました。

サウンド設定に新しい項目を追加

ゲームの音声出力先をゲーム内で選択できるようになりました。

操作設定に関する変更

操作設定タブに「スニーク:固定」「ダッシュ:固定」のオプションボタン「キーの割り当て」ボタンが新しく追加されました。

操作設定タブに表示されていた「キーの割り当て」は、「キーの割り当て」ボタンからアクセスするようになりました。

ビデオ設定に新しい項目を追加

チャンクの更新の優先順位を「nearby」「by player」「none」のいずれかにできるようになりました。

「by player」 と 「none」 を使用すると、ブロック (特に光源) を配置、または削除するときの吃音が大幅に軽減されますが、ワールド更新する際に視覚的に目立つ遅延がまれに発生する可能性があります。

スプラッシュテキストに関する変更

スプラッシュテキストの[this splash text has been delayed until part 2][this splash text is now available]に変更されました。

バンドルの字幕を新しく追加

さまざまなバンドルの音に字幕が追加されました。

その他

●Java Edition 1.2以前に開かれたワールドはもう開くことができなくなりました。

これらのワールドは、21w37aより前のバージョン(できればJava Edition 1.6.4より前)で開く必要があり、これらのワールドを開こうとするとエラーが表示されます。

21w37a以前のワールドは現在開くことができませんが、これは1.18がリリースされる前に変更される予定です。

●スコアボード、スコアホルダー、チーム名の長さ制限がなくなりました。

●データパックのフォーマットが8に増えました。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)
レタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク