Java版マインクラフト1.19.1リリース!

先日リリースされた1.19『ワイルドアップデート』のマイナーアップデート版1.19.1がリリースされたので、スナップショットとプリリースで仕様が変更された要素をまとめて紹介したいと思います。

バグの修正は省略します。

スポンサーリンク
むらっちゃのレタリング広告(大)

1.19.1の内容

1.19.1では、アレイが「複製」できるようなった他、チャットと社交設定画面に関する仕様が一部変更されています。

アレイに関する仕様を一部

ジュークボックスで音楽を再生するとアレイが踊るようになりました。

また、踊っているアレイにアメジストの欠片を与えることで、アレイを「複製」することができるようになりました。

※再度複製可能になるまで5分のクールダウンが必要になります。

また、新しく「複製」されたアレイは、元のアレイのプロパティ(カスタム名など)を共有しません。

複製は、タグCanDuplicateによって制御されます。
(デフォルトはtrueに設定されています。)

スカルクセンサーの仕様を一部変更

スカルクセンサーが、ゲームイベント「jukebox_play」「jukebox_stop_play」に反応しなくなりました。

スカルクカタリストの仕様を一部変更

スカルクカタリストのドロップする経験値20から5に変更されました。

チャットに追加された要素

セキュリティで保護されたチャットシステムで署名されていないメッセージ、またはサーバーによって改ざんされたメッセージがマークされるようになりました。

署名がない、または無効なメッセージは、“安全ではない” と表示され、改ざんが検出されたメッセージは、”改ざん” と表示されます。

メッセージの信頼度は、色付きのインジケーターアイコンの両方で表示されます。

色付きのインジケーターは常に表示され、アイコンはチャット画面を開いているときのみ表示されます。

アイコンの上にカーソルを置くと、信頼度に関する詳細が表示されます。

また、変更されたメッセージについては、“元の安全なテキスト” も「ツールチップ」に表示されます。

チャットスタイル

styleフィールドのデフォルト値が、チャットタイプのJSONファイルから削除されました。

また、game_info._jsonにデフォルトの音声読み上げ設定が含まれるようになりました。

チャットに関する仕様を一部変更1

社交設定画面のチャットで、悪質なメッセージを送っているプレイヤーを報告できるようになりました。

通報するチャットメッセージは複数選択可能です。

チャット報告のカテゴリは、チャット報告カテゴリ一覧から選択できます。

報告内容の詳細や情報を提供するためのコメントを入力できます。

チャットに関する仕様を一部変更2

「chat_types 」レジストリに追加されたチャットタイプは、システムメッセージではなく、プレイヤーチャットにのみ使用されるようになりました。

これに伴い、チャットタイプ「system」「game_info」が削除されました。

チャットタイプは簡素化され、「chat」「narration」の装飾を定義するためにのみ必要となりました。

これに伴い、チャットタイプはオーバーレイをサポートしなくなりました。

オーバーレイを表示するには、代わりにシステムメッセージが使用する必要があります。

チャットに関する仕様を一部変更3

チャットスクロールバーがチャットウインドウの右側に移動され、コマンドログの左側にグレーのインジゲーターが表示されるように変更されました。

チャットに関する仕様を一部変更4

チャット欄に表示されているチャットメッセージの署名状態が、「色付きのインジケーター」で表示されるようになりました。

インジケーターは、「チャット欄」の左側に表示されます。

チャットプレビューが有効の場合は、「チャットプレビューの左側」に表示されます。

画像のようにメッセージに署名がある場合は、インジケーターが水色になります。

また、チャットプレビューが有効の際に、入力した文字が署名待ちの一瞬だけプレビューでインジケーターがライトイエローになり、チャットプレビューの背景が少し薄く表示されます。

チャットに関する仕様を一部変更5

サーバーに記録された安全ではないチャットメッセージに[Not Secure]タグが付けられるようになりました。

また、チャットメッセージの順序が暗号化されて検証されるようになりました。

これは、プレイヤーレポートのチャットメッセージの内容を検証するために使用されます。

チャットに関する仕様を一部変更6

セキュリティで保護されたチャットを実施しないサーバーに接続する際に表示される「警告メッセージ」が新しく追加されました。

チャットに関する仕様を一部変更7

チャットタイプ「team_msg_command」が、「 team_msg_command_incoming 」と 「team_msg_command_outgoing 」に分割されました。

チャットに関する仕様を一部変更8

チャット入力欄で、送り幅がマイナスのカスタムフォントのグリフや、32を超えるグリフが適用されなくなりました。

チャットに関する技術的な仕様を一部変更

チャットタイプ「msg_command」「msg_command_incoming」 と 「msg_command_outgoing 」に分割されました。

また、チャットタイプパラメーター「team_name 」の名称が「target」に変更され、このチャットタイプパラメーターは、「msg_command_outgoing」で使用されるようになりました。

チャット設定に関する仕様を一部変更

チャット設定の「チャットのプレビュー」の項目に、メッセージの送信時に「送信の確認メッセージ」がチャットプレビューに表示される「送信時」が新しく追加されました。

チャット欄にメッセージを入力すると、「送信の確認メッセージ」が表示されるのでEnterキーを押します。

メッセージがプレビューに表示されたら、もう一度Enterキーを押します。

メッセージが送信されます。

設定「オン」の名称が、「入力時」に変更されました。

また、「入力時」は、メッセージがサーバーによって修正されないと、プレビューを表示しないようになりました。

チャットプレビューがシングルプレイで有効になり、/say のようなセレクタ置換が可能なコマンドを使用した際に表示されるようになり、プレビューされたホバーイベントとクリックイベントが、無地の背景で強調表示されるようになりました。

社交設定画面に関する変更1

通報されたプレイヤーのオンラインプレイとレルムへのアクセスを、モデレーターの審査後に禁止できるようになりました。

また、オンラインプレイを禁止された場合は、ゲーム起動時に通知画面が表示され、禁止された理由と期間が表示されます。

社交設定画面に関する変更2

社交設定画面のプレイヤーリストで、最近見たメッセージがリストの一番上に表示されるようになりました。

一時停止メニュー

マルチプレイのゲーム中に一時停止画面から社交設定画面を利用できるようになりました。

コマンドフォーマット1

テキストコンポーネントのクリックイベント「run_command 」がチャットメッセージに直接送信されなくなりました。

コマンドのみがサポートされているため、代わりにコマンド/sayなどが使用されます。

値には必ず「/」を先頭に付ける必要があります。

コマンドフォーマット2

テキストコンポーネントのクリックイベント「run_command 」が、チャットメッセージを送信するコマンドをサポートしなくなりました。

代わりにコマンド「/tellraw」を使用する必要があります。

リソースパック

チャット通報機能に新しい3つのアイコンがsocail_interactions.pngに追加されました。

タグに関する変更

ゲームイベントタグ「#vibrations」「#warden_can_listen 」から ゲームイベント「jukebox_play」 「jukebox_stop_play 」が削除されました。

server.propertiesに関する仕様を一部変更

専用サーバーでは、「enforce-secure-profile」がデフォルトで true に設定されるようになりました。

プロトコル

カスタムサーバーで、ネットワークパケットを使用して通常のチャットの自動補完オプションが設定できるようになりました。

また、カスタムサーバーは、新しいネットワークパケットを使用して、プレイヤーのチャットメッセージを非表示にできるようになりました。

これにより、チャットログからチャットメッセージが削除されることはありません。

スポンサーリンク
むらっちゃのレタリング広告(大)
むらっちゃのレタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク