超初心者向け!ワールド(世界)作成時にシード値を指定する方法『Java・BE(統合)・CS』

今回は、ワールド(世界)作成時にシード値を入力する方法を各プラットフォーム別に詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)

シード値とは

『シード値』はワールド(世界)を生成する際に算出される数値であり、ワールド(世界)はこの『シード値』を元にランダムで生成されます。

公開されているシード値を使用する

通常ワールド(世界)はランダムで生成されますが、ワールド作成時に攻略サイトなどで公開されている『シード値』を入力することで、最初からレアな構造物・バイオームが揃ったワールドで遊ぶことができます。

外部ツールでランダムに生成したワールドのシード値を使用する

公開されている『シード値』の他に、MineAtlasなどの外部ツールでランダムに算出された『シード値』を利用こともできます。

MineAtlasは自分のワールドのセーブデータを読み込んだり、シード値を入力することでバイオーム・初期スポーン地点・村・海底神殿・寺院・ピラミッド・魔女の家・スライムチャンクの位置を簡単に表示してくれる便利なWEBアプリです。
MineAtlasが対応しているプラットフォームはJava版です。

MineAtlasは、ランダムで生成したシードのバイオームや構造物の詳細な位置を地図で確認することが可能なので、いわゆる「はずれシード」のワールド(世界)を作成してしまう心配がありません。バイオームや構造物の位置は多少ズレることがあります。

Java版でワールド作成時にシード値を指定する方法

まず最初にシングルプレイ(赤枠)を選択します。

次に[ワールドを選択]画面で『ワールド新規作成(赤枠)』を選択して

[ワールドを新規作成]画面に進み、『その他のワールド設定』(赤枠)クリックします。

『その他のワールド設定』の項目からワールド生成のシード値()を選択して、攻略サイトなどで公開されているシード値を入力してください。

最後に『ワールド新規作成』()でワールドを生成します。

シード値はMineAtlasでランダムに算出したものを使用しています。

シード値はショートカットキーで貼り付ける

シード値をWEBアプリや攻略サイトから引っ張てくる場合は、ショートカットキーを利用すると便利です。

シード値(赤枠)を選択してCTRL+Cコピーします。

そのままワールド新規作成画面に戻り、ワールド生成のシード値(赤枠)を選択してからコピーしたシード値をCTRL+V貼り付けます。

ショートカットキーを利用することで数字を入力する手間を省くことができます。

解説に使用しているシード値はMineAtlasでランダムに算出したものです。

BE版で世界作成時にシード値を指定する方法

画像はWindows10版です。(PE/XboxOne/switch/共通)

まず最初に『遊ぶ』(赤枠)を選択します。

次に『新しく作る』を選択して

『世界を新しく作成』を押します。

ゲーム設定の項目から種()を選択して、攻略サイトなどで公開されているシード値を入力してください。

最後に『作る』()を押して世界を生成します。

シード値はMineAtlasでランダムに算出したものを使用しています。

コンソール版で世界作成時にシード値を指定する方法

画像はPS4版です。(PS3/vita/Xbox360/WiiU共通)

まず最初に『プレイする』を選択します。

次に作成から『新しい世界』を選択して

『その他のオプション』を押します。

世界のオプションの項目から世界生成のシード()を選択して、攻略サイトなどで公開されているシード値を入力します。

シード値を入力したら戻る()を押して前の画面に戻り・・・

シード値はMineAtlasでランダムに算出したものを使用しています。

最後に『新しい世界』を押して世界を生成します。

まとめ

特定のシードを使用して世界を生成する方法は、どのプラットフォームも数値を入力するだけなので初心者の方でも簡単にできます。

当サイトでもコンソール版のレアなバイオームや構造物が初期スポーン地点の周りに揃ったシードをいくつか紹介しているのでもしよかったらお試しください。

ワールドに制限があるコンソール版では、1つの地図に森の洋館が2つあるのは珍しくないのかもしれませんが、森の洋館が1つありえない大きさになっていたので紹介したいと思います。また、クモ・ゾンビ・スケルトンのスポナーの位置なども詳しく紹介しているので、もしよろしければお試しください。(XboxOne/Switch共通)

以上むらっちゃでした。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)
レタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク