自分だけのオリジナルスキンを作ろう!NOVA SKIN使い方ガイド

今回はjava版マインクラフト用のオリジナルスキンが簡単に作れるNovaSkinを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)

skin editorの使い方

まずは赤枠のPartsをクリックします。

スキンはver1.8からデフォルトのレイヤーに第2レイヤー(帽子・ジャケット・ズボン)を重ねられるようになりました。

Parts
Only default layer デフォルトのレイヤーだけ表示する
Only overlay 第2レイヤーだけ表示する
Default layer and hat デフォルトのレイヤーと帽子を表示する
All デフォルトのレイヤー・第2レイヤー全てを表示する
Default layer
Head 頭だけ表示する
Body 体だけ表示する
Right arm 右腕だけ表示する
Left arm 左腕だけ表示する
Right leg 右足だけ表示する
Left leg 左足だけ表示する
Overlay
Hat 帽子だけ表示する
Jacket ジャケットだけ表示する
Right arm sleeve 右腕の袖だけ表示する
Left arm sleeve 左腕の袖だけ表示する
Right leg pants 右足のズボンだけ表示する
Left leg pants 左足のズボンだけ表示する

左右の腕、足をいっぺんに編集したい場合は赤枠のSteveを編集します。

例えば左右の腕だけを編集したい場合はのチェックを外します。

左腕のように赤い枠が表示されている場合は第2レイヤーの袖を編集します。

第2レイヤーだけ表示したい場合は、Partsから選択してください。ただし袖、ズボンは左右どちらかしか表示できません。

色鉛筆アイコン

赤枠の色鉛筆アイコンをクリックします。クリックすると同時にパレットが出てくるので、好きな色を選択してください。

にカーソルを合わせて、左クリックをしたままマウスを下に動かすと、真っ直ぐな直線が塗れます。

ワンクリックで1マスずつ塗ることもできます。

面をダブルクリックするとその面を全て塗りつぶします。

undo

クリックすると作業を一つ前の状態に戻します。

 line

次に赤枠のlineを使ってみましょう。

左の赤の色から右の緑の色にグラデーションをかけながら塗ることができます。もちろん左右の色は変えられるので、自分の好きな色でグラデーションをかけられます。

rectangle

にカーソルを合わせて、左クリックをしたまま矢印の方向にマウスを動かすと1面全部にグラデーションをかけながら塗りつぶしてくれます。

ellipse

こちらは楕円に塗ることができます。左クリックをしたまま、円を描くようにマウスを動かします。色はアイコンの左右の色が適用されます

Flood fill

バケツアイコンは優秀でただその面を塗りつぶすだけでなく、服の形の通りに全面塗りつぶしてくれます。

対象に何も色が入っていない場合はこの機能は使えません。

Eraser

消しゴムは色鉛筆アイコンと同じ使いかたで、左クリックをしたままマウスをを動かすことで色を消すことができます。

ワンクリックで1マスずつ消すことができます。

Clone

クローンは指定した部分を複製して別の場所に貼り付けることができます。

上の画像使って説明すます。十字デザインのどこでもいいので右クリックすると、赤い四角が表示されコピーされます。

あとは複製したい場所に左クリックをしたまま適当にマウスを動かすと、勝手に十字が描かれます。

赤い四角を消したい場合は、他のアイコンをクリックしてマウスのカーソルをスキンに持って行くことで消えます。

Palettes

パレットアイコンは色彩セットを選ぶことができます。例えばGiant Goldfishを選べば、下の赤枠の色鉛筆アイコンが色彩セットと同じ色になります。

スポンジ

スポンジアイコンはスキンで使われている色をコピーすることができます。

スポンジアイコンを左クリックします。

色を変更したい色鉛筆アイコンを選択します。

スキンの使いたい色の上で左クリックすると、選択している色鉛筆アイコンに色をコピーできます。

Full Screen・Grid

Full Screenはその名の通り編集画面をフルスクリーンモードにします。

Gridはスキンに網目のガイドを表示します。

mirror

mirrorは腕、足を左右対称で編集してくれます。画像のように左腕に一本の線を引けば右腕にも自動で同じ線が引かれます。

腕と足を編集する場合はmirrorを使うことで、かなりの時間短縮になります。

Randomly Change The color

どうしてもベタ塗りになってしまう人でも、こちらを使えばでデフォルトのスキンぽく塗ることができます。しかし多用しすぎると、なにか不自然になるので注意してください。

2D

2Dは展開図に切り替わります。展開図でも色を指定して任意の場所をクリックすれば着色することが可能です。

filter

filterは明度、彩度、色合いなどの調整をします。

をクリックすることでキーボードので1ずつ調整することができます。

Animate

animateはスキンを動かして塗り忘れがないかを確認したりするのに使います。

animateで一度スキンを動かすとデフォルトのポーズに戻らなくなります。

デフォルトのポーズに戻したい場合はPoseから赤枠の「default pose」をクリックすると元の状態に戻ります。

拡大・縮小他

虫眼鏡アイコンはスキンを1段階ずつ拡大・縮小します。

↑↓で左クリックをしたままマウスを動かすと瞬時に拡大・縮小します。

は1段階ずつスキンを回転させます。

で左クリックをしたままマウスを動かすとスキンを好きな位置に動かすことができます。

Erase Hat

Erase Hatはクリックすると編集した第2レイヤーの帽子を瞬時に消去します。

Layers

layersをクリックすると新しいレイヤーが追加されます。

使い方は一つの面に複数のパーツがある場合、同じレイヤーで編集すると間違ったときに他のパーツまで消してしまう可能性があります。

そこで新しいレイヤーを追加して、パーツを別々のレイヤーで編集すれば他のパーツを消してしまうのを防ぐことができます。

は選択したレイヤーを削除します。

はレイヤーを一つに統合します。

Layers Colors

赤枠のレイヤーカラーで左クリックを押しながらマウスを動かすと色を変えられます。

作成したスキンを自分のワールドで使うまでの手順

赤枠のSaveをクリックします。

展開図で右クリックをして、赤枠の[名前を付けて画像を保存]を選択してください。

ファイル名に自分の好きな名前をいれて保存をクリックします。

次にランチャーを起動してスキンを選択したら真ん中の[参照]をクリックします。

さきほど保存した自作のスキンを選択して開くをクリックします。

自作のスキンになっていることを確認して保存をクリックします。

あとはゲーム起動して自作のスキンがちゃんと反映されているか確認します。

まとめ

今回紹介したNOVASKINは、一つ一つの機能がとてもわかりやすく初心者の方でも比較的簡単に作れると思います。

個人使用ならギャラリーにいろいろなスキンがあるので、そこから借りて使わせてもらうこともできます。また色やパーツを変更して使うことも可能です。

ギャラリー内の検索フォームを使えば、自分の好きなキャラクターなんかも出でくるかもしれないので、ぜひ試してみてください。

それでは今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

以上、むらっちゃでした。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)
レタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク