経験値トラップのスポーン部屋に照明を設置してゾンビ・スケルトンのスポーンをコントロールしよう

落下式経験値トラップのスポーン部屋に照明を設置することでゾンビ、スケルトンのスポーンを止めることができます。

使い方としては、経験値トラップが近くに2基あって湧き効率が落ちている場合や経験値トラップの近くで作業をするときに、落ちてくるのが気になるときなどに使えます。

トグルボタンを使った照明なので建築も応用できるとおもいます。

必要なアイテム
反復装置 ×5
レッドストーンたいまつ ×2
レッドストーンランプ ×9
レッドストーン ×約40
ボタン ×1

画像はPS4editionです。(Vita/PS3/WiiU/Switch/Xbox360/XboxOne)共通

洞窟でゾンビ・スケルトンのスポーンブロックを見つけて落下式経験値トラップを作ろう。経験値トラップを使えば、経験値が効率よくどんどん貯まっていくので、最大レベルのエンチャントも、すぐにできるようになります。
スポンサーリンク
レタリング広告(大)

 ボタンで照明のON/OFFをできるようにする

洞窟の中ではわかりずらいので地上で解説します。

レッドストーンを設置するスペースを確保する

まずは緑枠から回路を設置するための階段を作っていきます。

2マス奥に進んでから階段を作ってください。

階段から4マス空けて適当なブロックを設置します。

階段からブロックまでの距離は地面の高さによって変わるので、ブロックの位置さえ間違っていなければ気にしなくても大丈夫です。

レッドストーン回路を組み込む

画像の通りにブロックの上に矢印の方向で反復装置4個設置します。

設置した反復装置の左上にもう一つ適当なブロックを置いてください。

レッドストーンたいまつを画像と同じ向きでブロックに設置します。

レッドストーンランプを設置する

赤枠がスポーン部屋の壁になります。

赤枠の中にレッドストーンランプ9個設置していきます。横の水流の1列を入れて9×9で部屋を作っていればランプを均等に設置することができます。

スポーン部屋の中から天井を見るとこんな感じになります。

レッドストーンでランプに動力が流れるようにする

1マス空けてレッドストーンを階段からブロックまでつなげます。

画像の通りに左上のブロックからレッドストーンを設置していきます。途中に反復装置を忘れずに入れてください。

手動でON/OFFが切り替えられるかを確認する

階段の一番手前にブロックを置いてボタンを設置します。

ボタンを押して照明がつくか確認します。成功していれば照明はついたままになります。

もう一度ボタンを押すと照明が消えます。

あとは階段をブロックで隠して完成です。

実際の経験値トラップで見てみよう

回路の部分をブロックで隠せば見栄えもよくなります。

まとめ

これでゾンビ、スケルトンのスポーンをコントロールできるようになり、照明がついている間はスポーンしません。

スイッチはボタンではなくレバーでも作れます。レバーを使えば、レッドストーンをただつなげるだけで、照明のON/OFFができるのでより簡単です。

ですが、ボタンの方が回路を組み込むことによる達成感もありますし、レバーより見た目もスマートになるのでぜひ作ってみてください。

以上、むらっちゃでした。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)
レタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク