楽して大量のアイテムと経験値が手に入る!天空トラップの作り方

今回は天空トラップの作り方を解説していきたいと思います。

この天空トラップは、私もマイクラを始めた頃に動画などを参考にしながらサバイバルで作ったのですが、かなり苦戦しました。

既存のものは3層からなる大型の天空トラップなのですが、今回はコストと労力を抑えるため1層で作りました。

1層式でも十分に敵モブがスポーンするので初心者の方にもおすすめです。

画像はPS4editionです。(Vita/PS3/WiiU/Switch/Xbox360/XboxOne)共通

スポンサーリンク
レタリング広告(大)

天空トラップを作る前に

天空トラップは敵モブがプレイヤーから128ブロック以上離れるとデスポーンする特性を利用したトラップです。上空に作ることによって上下左右面倒な湧き潰しが必要なくなるメリットがあります。(トラップの屋根は湧き潰しが必要です)

天空トラップを効率よく、なおかつ安全に作るにはしっかりと下準備をする必要があります。また、敵モブが湧く条件をしっかり計算に入れていないと、せっかく作っても敵モブがまったく湧かないただの建造物になってしまいます。

必要なアテム
ブロック※天空トラップ以外含む ×約2600(約41スタック)
たいまつ※天空トラップ以外含む ×約400(約6スタック)
ベッド ×1
チェスト  ×2(サバイバルは4)
ホッパー  ×1
トラップドア  ×136
 厚板  ×88
 水バケツ  ×11
 看板  ×11
 はしご  ×128

落下に備えて無限水源を作る

まずは高所作業中に落下してゲームオーバーになるのを防ぐために無限水源を作ります。

また、無限水源を作る理由はもう一つあります。天空トラップは高さ128以上に作るので、上空までブロックを積み上げてあがるしかありません。

そのため、天空トラップが完成した直後は下におりる手段がないので、無限水源に直接ダイブして地上におりることになります。

ブロックを中心に外枠も入れて9×9で無限水源を作ります。

地上の高さはY64がベストです。

 雪原バイオームでは絶対に作らないでください。天空トラップの水流が凍って使いものにならなくなります。

天空トラップをサバイバルで作る場合

シュルカーボックスがない限り、1回で必要なアイテムを上空に全て運ぶのは不可能なので、2回に分けて運びます。

まずアイテムを持てるだけ持ちます。上空に中継地点を作るので、そこにチェスト(大)を設置して一度アイテムを収納します。

地上の無限水源に直接ダイブして残りのアイテムを持ってはしごを設置しながら上にあがってください。

上空に中継拠点を作る

中心のブロックから128ブロック上にあがります。

今回、中継拠点は15×11の大きさで作ります。

赤枠の上にあがってきた場所から5マス進んだ場所が敵モブの落下地点になるので、ブロックを目印に置いておきます。

ベッドを設置して一度寝ておけば、万が一落下してゲームオーバーになったとしても中継拠点でリスポーンすることが可能です。

また、敵モブが湧かないようにしっかりと湧きつぶしをしておきましょう。

敵モブの処理場を作る

さきほど目印に置いたブロックの場所に、チェストを縦に2個設置してチェスト(大)にして、その上にしゃがみながらホッパーを設置してください。

画像のようにチェストをブロックで囲います。

次にホッパーの上下左右にブロックを設置してください。

天空トラップの落とし穴を4マスから1マスに

この天空トラップは構造上、落とし穴が4マスです。しかし処理場を4マスの広さにすると、グルグル回りながら敵モブを倒さないといけないので効率が落ちてしまいます。

ここは言葉で説明するのが難しいので、画像をよく見て作ってください。

ホッパーの上に15ブロック積み上げます。

画像のように3×5で長方形を作り

2マスの壁を作ります。

画像のように1マス空けてブロックを設置します。

さらにその上に5×4でブロックを後ろに伸ばす形で設置して

画像のように1マスの壁で囲います。

囲い終わったら左右の角に、前は1個、後ろは2個ブロックを設置してください。

画像の通りに看板3個設置します。

から水を流してください。

金ブロックの下を1マス空けているのでそこから水を流します。

これで敵モブがどこから落ちてきても落とし穴(鉄ブロック)に誘導されるようになりました。

天空トラップの作り方

サバイバルで天空トラップを作ってる場合、夜は面倒くさいですが落とし穴(鉄ブロック)を壊しながら中継拠点におりてベットで寝てください。
※戻るときはまたホッパーの上にブロックを積み上げて戻ります。

さきほど水を流したの上から後ろにブロックを2列18マス伸ばして

ブロックの壁で囲みます。

残りの水路も同じように設置してください。

後ろの壁は18ブロック目に設置します。実際の水路の長さは17マスです。

最後に全ての水路が17マスの長さになっているかを確認しましょう。

サバイバルで作ってる場合はここで間違っていると後から修正するのが大変です。

9マス目の左右に看板を設置します。残りの水路も全て同じように看板を設置してください。

敵モブの湧き層を作る

17×17で敵モブの湧き層を作ります。ただし右側は端と端を結ぶように階段状にします。

残りの三か所も全て同じように湧き層を作ってください。

次に2マスの高さで外壁を設置します。階段状になっているところにブロックを置いていってください。

トラップドアを設置する

トラップドアを設置すると敵モブが床があると勘違いして水路に落ちてくれます。

水路の壁にトラップドア17個設置します。トラップドアは必ず閉じてください。

残りの7か所も全て同じように設置します。

クモのスポーンを防ぐために厚板を設置する

湧き層に2マス感覚で厚板を21個設置します。全ての湧き層に設置してください。

水路に水を流す

から水を流します。看板を設置しているので水を2回流すことができます。

水流は水路の長さ、看板の位置を間違っていなければ、ちょうど落とし穴の前で止まります。

忘れずに残りの水路にも水を流してください。

最終的に画像のようになっていればOKです。

敵モブの落下スペースを作る

赤枠の落とし穴の位置に移動して

下にブロックを掘って何マスか下におりていきます。

次に上を見上げて落とし穴を囲うようにブロックを設置しながら一番下までおります。

ホッパーとの間を1マス空ける形にして厚板を上に設置します。こうすることによって敵モブの攻撃を防ぐことができます。

 厚板は必ず上に設置してください。クリーパーと目線が合うと爆発される恐れがあります。

天空トラップに屋根をつける

中継拠点を私と同じ大きさで作っている場合は、画像と同じ場所から11ブロック進んでそこから上にブロックを天空トラップまで積みま上げると、下の画像のようにあがってこれます。

最後に屋根を設置して天空トラップは完成です。中継地点に戻るときは、あがってきたブロックを崩しながら下におりてください。

 必ず屋根の上はたいまつで完璧に湧き潰しをしてください。屋根の上に敵モブが湧いてしまうと天空トラップの稼働効率が落ちます。

まとめ

サバイバルでエリトラを入手して空を長時間飛ぶには大量の打ち上げ花火が必要になりますが、そのためにはクリーパーをたくさん倒して大量の火薬を入手しなければなりません。

しかし自然にスポーンしたクリーパーをたくさん倒すのは非現実的です。

そこで今回紹介した天空トラップを作れば、クリーパーもたくさんスポーンするので火薬を楽して大量に入手する事ができます。

サバイバルで作るのはかなり難易度が高いですが、一度作ればかなり重宝するのでぜひ挑戦してみてください。

以上むらっちゃでした。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)
レタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク