超初心者向け!水バケツで農作物を一気に収穫できる畑の作り方

今回はマインクラフトを始めたばかりの方でも簡単に作れる『水バケツで農作物を一気に収穫できる畑の作り方』を解説したいと思います。

画像はPS4Editionです。(Java/Vita/PS3/WiiU/Switch/Xbox360/XboxOne)共通
必要なアイテム
木の柵 ×43
フェンスゲート ×1
任意のブロック ×2
階段ブロック ×1
チェスト ×2
クワ ×1
×35
水バケツ ×2
スポンサーリンク
レタリング広告(大)

 畑の特徴

サバイバルを始めて拠点作りの次に重要になるのが食料を安定的に確保することです。

食料は野菜や動物の肉など数種類ありますが、サバイバル序盤で食料を安定的に供給するには少ないコストで小麦・野菜を大量に栽培・収穫できる『畑』を作るのがベストです。

しかし、野菜を安定的に栽培できるだけの量を入手するには、村を見つける以外に方法がないので、基本的に序盤は雑草から簡単にを入手できる小麦の畑を作ることになります。

小麦はそのままでは食べることができませんが、小麦×3パン1作ることができます。

このように種・水バケツ・クワの三つがあればすぐに作ることができる小麦畑ですが、栽培から収穫までを一つ一つ手作業で行わなければならないというデメリットもあります。

そこで今回は、デメリットの1つである『収穫する手間』を解消する畑の作り方を紹介したいと思います。

水バケツで収穫が一気にできる小麦畑の作り方

小麦を水バケツで一気に収穫する方法はレッドストーン回路を使わずにできる唯一の方法なので、サバイバル序盤ではかなり重宝すると思います。

畑の大きさを決めて柵で囲う

最初に作る畑は9マス・横9マスの大きさで作るのがベストです。

9×9の大きさは畑に必要な水源が1マス分で済み、1で畑全体にまんべんなく水が流れる限界の大きさです。

まず畑の中心を1マス掘り下げます。

中心から左右に4マス空けて木の柵をそれぞれ1設置します。

次に上下に4マス空けて上にフェンスゲート、下に任意のブロックをそれぞれ1設置してください。

さきほど左右上下に設置した木の柵2・フェンスゲート・任意のブロック4をつなぐ形で木の柵を設置します。

畑に水を流すためのスペースを作る

まずブロックの後ろに階段を設置します。

画像のようにブロックの左右に木の柵をそれぞれ1設置してください。

最後にブロックの前の部分を囲うように木の柵3設置します。

畑の中心に水ブロック(水源)を設置する

最初に空けておいた畑の中心に水ブロック(水源)を設置します。

水源の上にブロックを設置する

水源の上にブロックを設置する場合は、一度横にブロックを置いてにカーソルを合わせ

L2(PS4の場合)を押すと水源の上にブロックを設置することができます。

最後に横のブロックを撤去します。

チェストを設置する

今回はアイテム回収装置を組み込めないので、適当な場所に収穫した小麦を入れるためのチェスト(大)を設置します。

畑を耕して種を植える

柵の中をクワで全て耕して

耕した35マス全てにを植えていきます。

これで水バケツで一気に収穫できる小麦畑の完成です。

水バケツで小麦を一気に流す方法

下の画像のように小麦が全て成長するのを待ちます。

水を均一に流すには、中心に設置したブロックにカーソルを合わせて

L2(PS4の場合)を押すと水が上下左右均等に流れ出します。

水を回収する場合は、空のバケツを持ちながらにカーソルを合わせてL2(PS4の場合)を押すと・・・

水を綺麗に回収することができます。

最後に柵の周りを一周しながら収穫した小麦を回収していきます。

まとめ

水バケツで一気に小麦を収穫できる畑は、普通の畑を作るついでにほんの少し手を加えるだけで簡単に作れるので、マインクラフトを始めたばかりの方におすすめです。

水は手動で流さなければなりませんが、自動収穫機も水を流す際にレバーのON・OFFを自分で切り替えなけらばならないので、労力はそこまでかわりません。

ただ、収穫した小麦と種を自分で回収しなければらないというデメリットがあるで、この辺はやはり自動収穫機の方が圧倒的に便利ですね。

と言うことで・・・

サバイバルを進めてレッドストーンやスライムボールなどを入手できるようになったら

レッドストーンを入手できるようになったら、まずは自動小麦(野菜)収穫機を作ろう。今までは手間をかけて一つ一つ手で収穫していましたが、レバーを1回引くだけで小麦や野菜がチェストに流れ簡単に回収できるようになります。

にもぜひ挑戦してみてください。

以上むらっちゃでした。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)
レタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク