シングルプレイで役立つ便利なコマンドを使いこなそう!

今回はマインクラフトの数あるコマンドの中から、シングルプレイで役立つ便利なものを厳選して紹介していきたいと思います。

※コマンドの検証はver1.12.2です。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)

 コマンドの使い方

コマンドを使うには最初にワールドを作成する際に「チートの許可:オフ」がオンになっている必要があります。

ワールド新規作成画面から赤枠の「その他のワールド設定」をクリックして

チートの許可:オフ」をオンにしてください。

あとはゲーム画面でTキーを押してチャットウィンドウを開き、コマンドを入力すれば実行されます。

また、チャット画面を開いた状態で記載されたコマンドをコピーしてCTRL+Vを押せばコマンドを直接貼り付けることができます。

プレイヤー名やアイテムIDは各自用意してください。

 コマンドを入力する際は必ず最初に/を付けて、文字は全て半角英数字で入力してください。

シングルプレイに役立つコマンド一覧

コマンドを使えばプレイ中に天候や時間など、いつでも自由に変更することが可能です。

シード値を確認する

Java版マインクラフトはコマンドを使うことで、プレイ中に簡単にシード値を確認することができます。

コマンド
/seed

ゲームモード変更

コマンドを使えばプレイ中にゲームモードを変更することができます。

例えば経験値トラップなど大型の建築をするときに、コマンドでクリエイティブに変更すれば楽して建築することができます。

コマンド
/gamemode 0~3

ゲームモード
0 サバイバル
1 クリエイティブ
2 アドベンチャー
3 スペクテイター

Ver1.13から

コマンド
サバイバル /gamemode survival
クリエイティブ /gamemode creative
アドベンチャー /gamemode adventure
スペクター /gamemode spectator
Ver1.13からゲームモードを数字で入力することはできません。

ゲームの難易度変更

ゲームの難易度は設定画面から変更できますが、コマンドで変更することも可能です。

コマンド
/difficulty 0~3

難易度
0 ピースフル
1 イージー
2 ノーマル
3 ハード

テレポート

現在位置から遠くに移動してもテレポートを使えば一瞬で元の場所に帰ってこられます。

コマンド
/tp x y z

<例>x座標77 y座標64 z座標77
/tp 77 64 77

天候の変更

天候をコマンドで晴れ・雨・雷雨の3つから自在に変更することができます。

スクリーンショットを撮ろうと思ったら運悪く雨が降っている・・・といった場合などに役立ちます。

コマンド
/weather 天候

天候
晴れ clear
rain
雷雨 thunder

時間の変更

例えばサバイバルで夜にベッドがないときに時間を朝に変更することで、危険を乗り越えることができます。

コマンド
/time set 0~24000

時間帯
22200~0 日の出
0~12000
12000~13800 日没
13800~22200

リスポーン地点を変更する

プレイヤーのリスポーン(復活)地点を変更することができます。

例えば廃坑を冒険していてリスポーン(復活)地点を廃坑に変更したいけどベッドがない!と言ったときに、このコマンドを使えば簡単にリスポーン(復活)地点を現在地(廃坑)に変更できるので、万が一ゲームオーバーになっても安心です。

コマンド
/setworldspawn

経験値を入手する

経験値をプレイヤーに自由に付与することができます。(緑のゲージ)

エンチャントをしたいけど経験値がまったく溜まってないときなどに使えます。

コマンド
/xp 0~2147483647

直接レベルを上げる

/xpの数値の後ろにLを付け加えることでプレイヤーのレベルを直接上げることができます。

コマンド
/xp 0~2147483647L

動物・モンスター・村人・アイテムをワールドから削除する

プレイヤーの周りにいる動物・村人・モンスター・アイテムを削除します。

クリエイティブで建築に集中したいときなどに便利です。

コマンド
/kill @e[type=!player]

このコマンドは湧き自体を制限しているわけではないので、移動したエリアにはモブが普通に湧きます。

動物やモンスターを湧かないようにする

モンスターはピースにすれば湧かないようにすることができますが、村人と動物はピースにしても湧かないようにすることはできません。

そこでこのコマンドを使えば、ピースで湧きを制限することができない動物・村人の湧きを制限することができます。

コマンド
/gamerule domobspawning false

IDが必要になるコマンド一覧

コマンドにアイテムIDエンチャントIDを入力することで、武器や防具を自由に強化することができます。

※IDはこちらのMinecraft Wikiを参考にしてください。

アイテム・ブロックを入手する

このコマンドを使えば好きなアイテム・ブロックをすぐ手に入れることができますが、サバイバルでは冒険の面白さが半減してしまうと思います。

コマンド
/give <プレイヤー名> <アイテム・ブロックのID> <数量>

<例>自分にダイヤモンドを64個与える
/give muratcha  diamond 64

動物やモンスターを出現させる

スポーンエッグを使わずに動物やモンスターを出現させることができます。

コマンド
/summon<動物やモンスターのID>

<例>
/summon creeper

武器や防具にエンチャント効果を付与する

武器や防具に直接好きなエンチャント効果を付与することができます。

コマンド
/give @p minecraft:<武器・防具> <数量> <耐久値>{ench:[{<エンチャントID>,<レベル>}]}

<例>自分にダメージ増加レベル50のダイヤモンドの剣を1個付与する
/give @p minecraft:diamond_sword 1 0 {ench:[{id:16s,lvl:50s}]}
 耐久値は0にすることで新品の武器・防具になります。

プレイヤーにポーション効果を付与する

通常ポーションからしか得られない効果をコマンドを使って、直接プレイヤーに付与することができます。

秒数や効果の強さも自由に設定できます。

コマンド
/effect<プレイヤー名> <効果のID> <秒数> <強度>

秒数(効果持続時間) 0~1000000(デフォルト30)
強度(効果の強さ) 0~255(デフォルト0)

<例>プレイヤーに移動速度上昇の効果を60秒間付与する
/effect muratcha 1 60

まとめ

今回紹介したコマンドはクリエイティブモードで使用するなら便利なコマンドばかりですが、サバイバルで使用するとゲームバランスを著しく損なうものが多いので、普通にサバイバルを楽しみたい人にはシード値の確認位しか必要ないかもしれません。

しかし、ある程度割り切ってサバイバルを遊びたい人にはどれも便利で重宝するコマンドばかりなので、まだコマンドを使用したことがない人はぜひ試してみてください。

以上むらっちゃでした。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)
レタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク