統合版に対応した簡単『ツリーファーム』(半自動原木製造機 )の作り方

以前紹介した『ツリーファーム』は統合版では機能しないので、今回は統合版にも対応した『ツリーファーム』(半自動原木製造機)の作り方を解説したいと思います。

統合/Java1.15/CS対応 画像は統合(PS4)版です。
スポンサーリンク
レタリング広告(大)

『ツリーファーム』(半自動原木製造機 )の作り方

アイテムの名称は統合版に統一して解説します。

クロック回路を設置する

まず最初に、発射装置から連続で骨粉を発射するための「クロック回路」を作成します。

必要なアイテム
レッドストーン ×7
レッドストーンのたいまつ ×1
コンパレータ ×1
発射装置 ×1
レバー ×1
回路用ブロック ×3
回路の上を塞ぐ土 ×14

縦4・横42段掘り下げて

中に「クロック回路」を画像のように設置します。

この際、コンパレータは必ず“減算モード”にしてください。

次にコンパレータの後ろのブロックの上に任意のブロックを置いて左側面にレバーを、右端の画像の位置に発射口が左側を向くように発射装置をそれぞれ設置します。

この際、必ずレバーをONにしてクロック回路が正常に動作するかをチェックしてください。

回路が正しく設置されていると、レッドストーンが点滅してカチカチと発射装置から音が鳴ります。

最後にクロック回路の上(発射装置の後ろ2マス以外)で塞ぎます。

ピストン・オブザーバー・分配装置を設置する

必要なアイテム
ピストン ×4
観察者 ×1
レッドストーン ×3
ブロック(ピストン・観察者の後ろ他) ×5

正面に回り、発射装置と隣接する形でピストンを縦に4個画像の向きで設置して

上に顔が正面を向くように観察者1個設置します。

観察者は後ろから設置すると顔が正面を向くように設置できます。

次に、下から3番目のピストンと一番上の観察者の後ろにブロックを付けて

発射装置の後ろブロック3個“階段状”に設置してください。

最後にレッドストーンを3番目のピストンの後ろのブロックの上に1個、階段状のブロックの上に2個置きます。

すべてのピストンが連動して動くかをチェックする

次の作業に入る前に、必ずブロックを観察者の前に設置してすべてのピストンが同時に動くかチェックしてください。

装置全体をブロックで覆う

必要なアイテム
外壁用ブロック ×93

ブロックを発射装置の上に4個、ピストンの右隣に5個、レーバー付きブロックの上に4個それぞれ設置して

赤枠の位置にブロック6個設置します。

次に装置の右側面ブロック15個で覆って

装置後ろの赤枠の中ブロック15個で埋めます。

さらにその後ろをブロック25個で覆って

最後にブロック19個で装置の上を覆ってください。

装置の外に葉が生成されるのを防ぐ

必要なアイテム
ガラス ×36

ガラスをピストンの左右の壁の手前に12個ずつ

さらにその手前の内側縦1列6個ずつ設置します。

最後に真ん中(赤枠)ガラス4個で埋めてください。

装置の上と中に葉が生成するのを防ぐ

必要なアイテム
トラップドア ×2

装置上の赤枠の位置仮ブロックを置いて、の位置にトラップドアを設置します。

トラップドアを設置したら仮ブロックを撤去してください。

最後に装置の中にが生成するのを防ぐためのトラップドアを画像の位置に設置して

統合版対応『ツリーファーム』の完成です。

ツリーファーム(半自動原木製造機 )の使い方

まず、発射装置骨粉を大量にセットします。

骨粉をセットしたら発射装置の手前のスペースに苗木を植えてレバーONにします。

すると発射装置から大量の骨粉が発射され・・・

短時間でに成長します。

成長した木は観察者に検知され、ピストンで前に押し出されます。

苗木を植え続けることで最大52個原木が短時間で手に入ります。

まとめ

今回紹介した『ツリーファーム』は、以前紹介した『ツリーファーム』をベースに統合版でも機能するようにピストン部分の回路を一部変更しました。

経験値トラップなどで骨粉を余している方は、この『ツリーファーム』で骨粉を有効活用してみてはいかがでしょうか。

以上むらっちゃでした。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)
レタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク