短時間で原木を大量GET!簡単『ツリーファーム』(半自動原木製造機 )の作り方

今回は初心者の方でも簡単に作れる『ツリーファーム』(半自動原木製造機)の作り方を解説したいと思います。

必要なアイテム
ピストン ×4
分配装置(ディスペンサー) ×1
オブザーバー ×3
比較装置(コンパレーター) ×1
レッドストーン ×12
レッドストーンたいまつ(トーチ) ×1
レバー ×1
ブロック(外壁用) ×約100
ガラスブロック(外壁用) ×72
厚板(ハーフブロック) ×2
階段 ×1
骨粉 ×大量
苗木 ×大量

画像はPS4版です。(Java/Vita/PS3/WiiU/Switch/Xbox360/XboxOne)共通
スポンサーリンク
レタリング広告(大)

『ツリーファーム』(半自動原木製造機 )の作り方

アイテムの名称はコンソール版に統一して解説します。一部例外あり

ピストン・オブザーバー・分配装置を設置する

まず最初にピストン縦に4個、その上にオブザーバーを、左下に分配装置の向きで1個それぞれ設置します。

オブザーバーは後ろから設置すると顔が正面を向くように設置できます。

次に後ろに周り、ピストンの後ろを縦2マス2段掘り下げて、そのすぐ後ろを“階段状”にしてください。

2段下に掘り下げた場所から“一番下のピストン”にカーソルを合わせて(画像)オブザーバーを設置します。(画像)

同じ要領で“3番目のピストンの後ろ”にもオブザーバーを、さらに“一番上のオブザーバー”の後ろに任意のブロックを設置してください。

すべて設置し終えたら“掘り下げた地面”を元に戻しておきます。

後ろのオブザーバーにレッドストーンを設置する

後ろの“オブザーバーの上”レッドストーンをそれぞれ1個ずつ設置します。

分配装置の後ろに任意のブロックを設置する

分配装置の後ろ(画像)任意のブロック横に2個設置します。(画像)

ここにブロックを設置することにより、後で地面に設置するレッドストーンがオブザーバーの上にあるレッドストーンとつながるのを防ぐことができます。

木が成長しすぎるのを防ぐためのストッパーを設置する

画像のように“オブザーバー”の上に任意のブロック6個設置して、成長する木の高さを制限します。

装置に外壁を設置する

外壁は装置の横や後ろに葉ブロックが生成されるの防ぐ役目もあります。

装置の右隣に任意のブロック28個

左隣に26個設置します。

分配装置の後ろ2マス分は空けておきます。

装置の後ろが画像のようになっていればOKです。

さらに右の外壁の前に任意のブロック10個、左の外壁の前に13個設置してください。

レッドストーン回路を設置する

装置の後ろに周り、画像の位置に比較装置を設置します。(画像)

次に比較装置の手前に任意にブロックを設置して、横にレッドストーンたいまつを付けてください。(画像)

画像のようにレッドストーン5個設置して(画像)、比較装置の前のブロックの横から分配装置までレッドストーン5個でつなげます。(画像)

最後に比較装置を減算モードにして(画像)、すぐ後ろのブロックにレバーを設置します。
(画像)

回路が正しく設置されていると回路がカチカチ点滅します。

装置の中に葉ブロックが生成するのを防ぐ

右の外壁の下に厚板を横に2個設置して装置の中に葉ブロックが生成するのを防ぎます。

苗木・骨粉をセットするためのスペースを確保する

画像のように横3マス・縦3マス1段掘り下げて(画像)、一番手前に階段を設置します。(画像)

ガラスブロックで装置の外に葉ブロックが生成されるのを防ぐ

装置の外に葉ブロックが生成しないようにガラスブロック左右に36個ずつ設置します。

「ツリーファーム」(半自動原木製造機 )の使い方

まず分配装置骨粉を大量にセットしてレバーONにします。

分配装置の手前のスペースに苗木を植えると分配装置から大量の骨粉が発射され・・・

短時間でに成長します。

成長した木はオブザーバーに検知され、ピストンで前に押し出されます。

苗木を植え続けることで最大52個原木が短時間で手に入ります。

まとめ

今回紹介した『ツリーファーム』(半自動原木製造機 )は、わざわざ木を伐採しに行かなくても好きな苗木を拠点で素早く成長させることができるのでとても便利です。

もし、スケルトントラップや天空トラップタワーで骨を大量に余しているなら、この『ツリーファーム』(半自動原木製造機 )で有効活用してみてはいかがでしょうか。

以上むらっちゃでした。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)
レタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク