【Java版限定】ver1.16から新しく追加された「ゲームモード切り替え画面」の使い方

今回は、Java版のver1.16から新しく追加された「ゲームモード切り替え画面」の使い方を解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)

「ゲームモード切り替え画面」の使い方

Java版では、ver1.16からコマンドを使用せずにゲームモードを変更することができます。

F3を押しながらF4「ゲームモード切り替え画面」が表示され

F3を押したままF4を押すか、マウスのカーソルを各ゲームモードに合わせることでゲームモードが選択でき

F3を離すと選択したゲームモードに変更されます。

「ゲームモード切り替え画面」にハードコアモードは含まれません。

また、変更前のゲームモードは記憶され、「ゲームモード切り替え画面」を開くと自動で選択されているので、F3+F4を押す度に2つのゲームモードを素早く切り替えることができます。

さらに、F3+N「適用中のゲームモード」「スペクターモード」を瞬時に切り替えることができます。

サバイバルモードでワールドを作成する場合は

サバイバルモードでワールドを作成する場合は、ワールド新規作成時に必ず「チートの許可」オンにしてください。

サバイバルモードで新規作成したワールドは「チートの許可」をオンにしていないと「ゲームモード切り替え画面」を開くことができません。

まとめ

「ゲームモード切り替え画面」はゲームモードを瞬時に変更できるので、クリエイティブモードで作成したトラップの稼働テストでクリエイティブモードとサバイバルモードを頻繁に変更したい時などに便利です。

以上むらっちゃでした。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)
レタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク