マウスによるアイテム移動やクラフトを補助する便利機能を多数追加! Mouse Tweaks の使い方

今回は、マウスのアイテム移動に便利な機能を追加するMod『Mouse Tweaks』の使い方の紹介をしていきたいと思います。

ダウンロードMouse Tweaks

『Mouse Tweaks』を導入するには前提ModであるForgeが必要です。

java版マインクラフトにMODを入れて遊ぶには、ほとんどの場合で前提MODであるforgeが必要になります。初心者の方でも、きちんと手順を踏めば問題なく導入でると思います。
解説に使用しているModのバージョンは1.16.1です。
スポンサーリンク
レタリング広告(大)

『Mouse Tweaks』の使い方

『Mouse Tweaks』には8つの機能があります。

①RMB Tweak/デフォルト(1)

基本は標準のマウスの右ボタンのドラッグと同じですが、1つだけ違いがあります。

例えば、作業台のクラフトグリッドの上で、マウスの右ボタンを押しながらブロックを矢印方向にドラッグして置いた後

そのまま右ボタンを離さずに何回でもドラッグしてブロックを置けます。

標準のマウスの右ボタンは、もう一度ドラッグしてブロックを置く際に右ボタンを押し直す必要があります。

0に設定するとRMB Tweak無効になります。

②LMB Tweak With Item/デフォルト(1)

マウスの左ボタンを押したままアイテムを持ち上げて

ドラッグすると同じアイテムが自動で持ち上がります。

また、マウスの左ボタンを押したまま持ち上げたアイテムを

SHIFT を押しながらドラッグすると同じアイテムがホットバーに移動します。

0に設定するとLMB Tweak With Item無効になります。

③LMB Tweak Without Item/デフォルト(1)

SHIFT を押しながらマウスの左ボタンでドラッグすると

アイテムの種類に関係なくホットバーに移動します。

0に設定するとLMB Tweak Without Item無効になります。

④Wheel Tweak/デフォルト(1)

マウスのホイールをスクロールしてインベントリ間でアイテムを素早く移動します。

例えば、アイテムの上でホイールを下にスクロールすると

他のインベントリに1個づつ移動します。

また、上にスクロールすると

他のインベントリから同じアイテムを1個づつ取り出します。

0に設定するとWheel Tweak無効になります。

⑤Wheel SearchOrder/デフォルト(1)

Wheel SearchOrderには2つの設定項目があります。

Last to first(1)

マウスのホイールを上にスクロールして他のインベントリから同じアイテムを取り出す際に

他のインベントリの右下端に一番近いアイテムから取り出します。

First to last(0)

マウスのホイールを上にスクロールして他のインベントリから同じアイテムを取り出す際に

他のインベントリの左上端に一番近いアイテムから順に取り出します。

⑥Wheel Scroll Direction/デフォルト(0)

Wheel Scroll Directionには3つの設定項目があります。

Down to push, up to pull(0)

アイテムの上でマウスのホイールを下にスクロールすると

他のインベントリの同じアイテムのスロットにアイテムを移動します。

また、アイテムの上でマウスのホイールを上にスクロールすると

他のインベントリの同じアイテムからアイテムを取り出します。

Up to push, down to pull(1)

アイテムの上でマウスのホイールを上にスクロールすると

他のインベントリの同じアイテムにアイテムを移動します。

また、アイテムの上でマウスのホイールを下にスクロールすると

他のインベントリの同じアイテムのスロットにアイテムを取り出します。

Inventory position aware(2)

インベントリの位置を意識したスクロールを有効にします。

アイテムの上でマウスのホイールを上にスクロールする際に、他のインベントリが上にある場合

アイテムを上のインベントリに移動して

他のインベントリが下にある場合

下のインベントリからアイテムを取り出します。

下にスクロールした場合はその逆になります。

⑦Scroll Item Scaling/デフォルト(0)

「スムーズスクロール/軽微な問題」(0)と「非スムーズスクロール/問題なし」(1)を切り替えます。

スムーズスクロールに設定すると、JEIやその他のModを導入している場合、これらを介してスクロールするなどの小さな問題が発生する可能性があります。

非スムーズスクロールに設定すると、これらの問題は発生しませんが、スクロールは少しスムーズではなくなります。

非スムーズスクロールは、Forge OnTickメソッドでのみ機能します。

⑧Debug/デフォルト(0)

1に設定するとバグのログを出力します。

設定を変更する方法

+Rを押して「ファイル名を指定して実行」ダイヤログを開きOKをクリックします。

そして上の画像のように進み・・・

赤枠configフォルダを開きます。

中にMouse TweaksというCFGファイルがあるので、メモ帳などのテキストエディタで開いてください。

設定は値を直接書き換えて変更します。

まとめ

『Mouse Tweaks』のLMB TweakとWheel Tweakは非常に便利です。

この2つの機能のおかげでインベントリ間でのアイテム出し入れがストレスなくできます。

普段Java版をコントローラーで操作する方も、『Mouse Tweaks』を導入してアイテム移動やクラフトだけマウスで操作するのもいいかもしれませんね。

以上むらっちゃでした。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)
レタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク