Java版マインクラフトをPS4やXboxOneのコントローラで操作できるようにするMod『Controllable』を紹介(1.16.1対応)

今回は、Java版マインクラフトをPS4やXboxOneのコントローラで操作できるようにする『Controllable』の紹介をしていきたいと思います。

ダウンロードControllable

『Controllable』を導入するには前提ModであるForgeが必要です。

java版マインクラフトにMODを入れて遊ぶには、ほとんどの場合で前提MODであるforgeが必要になります。初心者の方でも、きちんと手順を踏めば問題なく導入でると思います。
解説に使用しているModのバージョンは1.15.2です。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)

『Controllable』の使い方

DUALSHOCK4XboxコントローラーをUSBでパソコンに有線接続してゲームを起動すると、パソコンに接続したコントローラーが自動で選択され、すぐにコントローラーで操作することができます。

コントローラーはプレイ中に接続しても認識されます。

Xboxコントローラーは無線・Bluetoothでも接続可能です。

ゲーム画面上で表示されるコントローラーのボタンアイコンのデザインはBedrock Editionと基本的に同じです。

DUALSHOCK4の操作方法

1.16.1では一部機能が割り当てられていないボタンがあります。
                  移動
ジャンプ
スニーク
ダッシュ/空中を高速移動は  を前に2回倒す
上昇は  を素早く2回押す
下降(飛行時)は  を長押しする
地面に素早く着地する(飛行時)には  を素早く2回押す
移動は  を左右前後に倒す
視線移動は  を左右前後に倒す
              ゲームプレイ
アイテムを使用/ブロックを置く
攻撃する/壊す
アイテムを捨てる
オフハンドと交換
          インベントリ/ホットバー
インベントリの開閉
インベントリタブを右に移動
インベントリタブを左に移動
アイテム選択画面を上にスクロールする
アイテム選択画面を下にスクロールする
アイテムを持つ/アイテムをスロットに置く
アイテムを半分だけ持つ/アイテムを1個づつ置く
インベントリ・ホットバーの間でアイテムを瞬時に移動する
タブのアイテムを1個づつ持ち上げる
(クリエイティブ/アイテム選択画面)
タブのアイテムを1スタック持ち上げる
(クリエイティブ/アイテム選択画面)
ホットバーのアイテムを消す
(クリエイティブ/アイテム選択画面)
ホットバーを右に移動
ホットバーを左に移動
               その他
視点の切り替え
カーソルを合わせたアイテムを入手する
ゲームメニュー画面の開閉

複数のコントローラーを同時に接続可能

『Controllable』は複数のコントローラーを同時に接続することが可能です。

例としてDUALSHOCK4Xboxコントローラーをパソコンに接続して

設定の操作設定の横に追加されたアイコンをクリックすると

2つのコントローラーが認識されいるのが確認できます。

プレイ中にいつでも2つのコントローラーを切り替えることが可能です。

特に分割画面による2人プレイでは、『Controllable』が使用されていないコントローラーを自動で選択してくれるので便利です。

オプション設定

設定画面のアイコンをクリックして

Select a Controller画面のSettings(赤枠)を開きます。

①Vibration:デフォルト/オン

オフにすると振動機能が無効になります。

オンにすると弓を引いたときやポーションを飲んだ時などにコントローラーが振動します。

②Render Mini Player:デフォルト/オン

オフにすると画面左上のプレイヤースキンが非表示になります。

③Console Hotbar:デフォルト/オフ

オンにするとホットバーがコンソール版のように少し上に表示されます。

④Cursor Type:デフォルト/Light

カーソルの種類を変更します。

Light/Dark/Consoleのいずれかに変更できます。

画像はConsoleのカーソルです。

⑤Aout Select:デフォルト/オン

オフにするとゲームを起動した際にコントローラーが自動で選択されません。

⑥Virtual Mouse:デフォルト/オン

オフにするとカーソルが通常のマウスカーソルに変更されます。

⑦Icons:デフォルト/Default

コントローラーのボタンアイコンの種類を変更します。

Default/Playstasion/Xboxのいずれかに変更できます。

画像はPlaystasionのボタンアイコンです。

⑧Invert Look:デフォルト/オフ

上下の視点移動が反転します。

⑨Dead Zone

アナログスティックの入力範囲を調整します。

⑩Mouse Speed

カーソルの速度を調整します。

⑪Rotation Speed

視点移動の速度を調整します。

ボタン割り当て変更機能は近日実装予定

「Select a Controller」画面のボタン割り当てを変更する「Remap Buttons」は現在利用できませんが、近日中にボタン割り当て変更機能が実装されるようです。

まとめ

『Controllable』はコンソール版や統合版と同じ感覚でJava版を手軽にコントローラーで遊ぶことができるので、コントローラー派には嬉しいModですね。

特にコンソール版や統合版からJava版に移行して”キーボードでの操作は難しい!”という方におすすめです。

また、『Controllable』を制作したMrCrayfishさんは、当サイトでも紹介した大人気家具Mod『Mrcrayfish Furniture』の製作者でもあります。

ぜひこちらも

『Mrcrayfish Furniture』はインテリア家具・キッチン・家電製品・ガーデニングなどのアイテムが豊富に追加されるので、かなり本格的な家作りができます。さらに道具や防具のダメージを修復してくれる食器洗い機や洗濯機など闘いをサポートしてくれるアイテムも豊富にあるのでサバイバルでも役立ちます。

遊んでみてください。

以上むらっちゃでした。

スポンサーリンク
レタリング広告(大)
レタリング広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク